[뉴스 동서남북] NATOと協力して韓国と日本

朝鮮半島の主要ニュースの背景と意味を考察する「イージーニュースおもしろいニュース:東西、南北のニュース」です。 朝鮮半島を取り巻く国際秩序は「新冷戦時代」に突入している。 北大西洋条約機構(NATO)のメンバーではない韓国と日本の指導者たちは、NATOでの最近の首脳会談でジョー・バイデン米国大統領と北朝鮮問題について話し合った。 国際的なトレンドが変化する中、記者のチェ・ウォンキ氏が北朝鮮を含む朝鮮半島の問題がどうなるかを語る。

スペインのマドリッドで29日に開催されたNATOサミットの特徴の1つは、非NATO加盟国である韓国と日本の指導者の出席でした。

ジョー・バイデン米大統領は同日、尹錫淵(ユン・ソクヨル)韓国大統領と岸田文雄首相と三国間首脳会談を行った。

バイデン大統領は、「朝鮮半島の完全な非核化や自由で開かれたインド太平洋などの共通の目標を達成するためには、米国、韓国、日本の三国協力が不可欠である」と述べた。

[바이든 대통령] 「これは、特に北朝鮮に関して、私たちの三国間努力をさらに調整する機会です。」

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領は、「北朝鮮の核・ミサイル能力の進歩により、韓国、米国、日本の協力の重要性がさらに高まっている」と述べた。

[윤석열 대통령] 「国際情勢の不安定化を背景に、日米協力の重要性はさらに高まっている」と語った。

このNATO首脳会合は、国際秩序が31年ぶりに「新しい冷戦時代」に入っていることを示した。

まず、米国とNATOは、ロシアが12年間ウクライナに侵攻した後、2010年に作成された「戦略的概念」を完全に見直しました。

一方、NATOはロシアを「潜在的な戦略的パートナー」と表現したが、それを「最も重要で直接的な脅威」に変えた。

ロシアにも封鎖が課せられた。 バイデン大統領は、ポーランドへの第5軍団本部の恒久的な配備を発表しました。

彼はまた、ルーマニアがさらに3,000個のアメリカの回転旅団と2,000人の軍隊を維持すると述べた。

同時に、彼は、それがエストニア、ラトビア、リトアニアの3つのバルト諸国における米軍の交代配備を増やすだろうと述べた。

米国のF-35ステルス機の2個大隊が英国に配備されます。 スウェーデンやフィンランドなどの中立国もNATO加盟を正式に定めています。

特に、NATOはサミットで中国を「体系的な課題」と定義し、「北京の強制的な野心と政策は西側の安全保障上の利益と価値に挑戦する」と述べた。

韓国、日本、オーストラリアなどのアジア太平洋諸国がサミットに参加したという事実には、中国が含まれているようです。

大韓民国の李明博政権で外務・貿易大臣を務めた前大臣のミョンファン氏は、国際情勢は冷戦の新時代に入ったと述べ、韓国は選択の余地がない。 しかし、このトレンドに参加するために。

[녹취: 유명환 전 장관] 「以前は自由で共産主義の陣営でしたが、今では民主主義と独裁政権になり、プーチンや習近平のような全体主義の指導者たちは、それを望まなかったにもかかわらず引きずり込まれました。」

当然、中国はこの取り決めに反対している。 中国の外務省は30日、NATOの新しい戦略的概念に「真剣に懸念し、断固として反対した」と述べた。

彼はまた、「私たちは中国の利益を害する状況を容認しない」と警告した。

これにより、1991年のソビエト連邦崩壊から始まった多極体制と平和の時代は31年ぶりに終わり、ロシア・チャイニーズ・キャンプと米国の新たな紛争の時代が到来したようです。 。 NATOキャンプが始まりました。

懸念されるのは、国際情勢の変化に伴い、北朝鮮を含む朝鮮半島の問題がどうなるかということです。

専門家によると、朝鮮半島を取り巻く北アジアの秩序は、米国と中国の間の覇権争いが激化する中、すでに冷戦体制に戻っているという。

以前、バイデン大統領は5月の韓国と日本のツアー中に、中国を封じ込めるためにインド太平洋経済枠組み(IPEF)を立ち上げました。

米国、日本、オーストラリア、インドの4か国の安全保障諮問機関である「クワッド」サミットも開催されました。

彼はまた、日本の防衛費の増加を支持し、日韓関係を強化した。

北東アジアで中国・北朝鮮・ロシア対日韓の対立構造が強まるにつれ、北朝鮮問題の解決はますます困難になっている。

たとえば、北朝鮮がドナルド・トランプ政権下で2017年11月にファソン15型大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した後、米国、中国、ロシアは北朝鮮に対して決議2397を可決しました。
しかし、今年は状況が異なります。 北朝鮮がいくつかの弾道ミサイルを発射した後、米国は5月26日に国連安全保障理事会でそれを非難する制裁決議を可決しようとしました。

しかし、国連安保理常任理事国である中国とロシアが拒否権を行使した後、決議は敗北した。
北東アジアの秩序が中国-北朝鮮-ロシア-米国-韓国-日本の対立構造に戻るにつれ、韓国の外交姿勢は厳しくなっている。

以前、韓国の文在寅政権は2018年と2019年に米国と北朝鮮を説得し、中国の横方向の支援を受けて、2つの米朝首脳会談を仲介し、3つの首脳会談を主催しました。

しかし、米国と中国の間の緊張が高まる現在の状況では、韓国政府の動きの範囲は限られているに違いありません。

このため、尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領のNATO首脳会合への参加は、北朝鮮の核問題の2つの側面を示していると博士は述べた。

核問題を解決するためには中国の協力が不可欠であるが、このように中国の失敗に共感することは、北朝鮮と中国の団結を強めるだけである。

[녹취: 조한범 박사] 「北朝鮮に影響を与えることができる唯一の国は中国です。 究極的には、この傾向は、北朝鮮、中国、ロシアの間の団結をさらに強化する一方で、民主主義陣営の連帯を強化する機会となる可能性があります。 北朝鮮の核問題を解決する上で、陣営論理の強化が大いに役立っているとは言えない。

米中紛争の激化は、北朝鮮の核問題が解決できないことを意味しないと考える人もいる。

米国のバイデン政権は、「封鎖」と中国との競争を続けることに満足していない。 米国は、協力できる問題について中国と協力することができます。

特に北朝鮮の核問題については、中国の協力を期待しています。

ホワイトハウスの国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバンは先月13日、ルクセンブルクで中国共産党の政党楊潔煥と会談した。

サリバン弁護士は会談で、北朝鮮の核問題は米国と中国が協力できる分野であることを明らかにした。

したがって、このNATOサミットの後、米国と中国の指導者は間もなく北朝鮮問題を含む現在の問題について連絡を取り、話し合うことができるようになるでしょう。

しかし、朝鮮半島情勢を長年観察してきた海軍分析センター所長のケン・ゴス氏は、米国と中国が北朝鮮問題に協力する可能性は低いと語った。

米国がこのように中国を封鎖している状況で、中国が米国を支援する理由はありません。

[녹취: 켄 고스 국장] 「私たちは中国を封じ込めています、なぜ中国は北朝鮮で私たちを助けているのですか?

ミョンファン前大臣も中国からの協力は期待できないと述べた。

中国は北朝鮮に非核化を望んでいると言われているが、実際には核開発を怠っている。

[녹취: 유명환 전 장관] 「中国は北朝鮮の国連安保理決議違反に対する拒否権を行使すべきではないが、拒否権を行使することは誠実さの問題である。」

朝鮮半島を取り巻く全体像は変化しつつあります。

朝鮮半島が新国際秩序で直面する変化と選択に注目する価値があります。

VOANewsのチェ・ウォンギです。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。