[뉴스분석] 「楽観主義か悲観主義か」…安倍首相の死後、日本の国内政治は可変にアップグレードされた

朴金外相は11日、ソウルの政府庁舎で定期的に説明会を行う。 [사진=연합뉴스]

安倍晋三前首相の暗殺と衆議院選挙での自民党の地滑り勝利により、日韓関係の悪化に対する懸念が高まっており、日本の権利権力が強まっている。 。 政府は、日本の状況を注意深く監視しながら、日韓関係を改善するための努力を継続することを強調した。

朴仁外相は11日、ソウル鍾路区外務省で開かれた記者会見で、安倍首相暗殺の影響と評議員会選の結果について質問に答えた。 。 将来の日韓関係「それは適切ではない」と彼は言った。 日本の岸田文雄首相が憲法改正法案を早急に進めると述べたときも、同様の反応があった。

その日の日本のメディアによると、岸田首相は、投票が発表された後の10日の夜、東京の自民党本部の投票用紙集計室で地元の放送局とのインタビューに応えた。代表者。 「(憲法改正)を提案するには、(議員総数の)3分の2を集める必要がある。「できるだけ早く国民投票に到達するための努力を続ける」と彼は述べた。

自民党は、選挙公約の中で、「自衛隊憲法第九条の規定」や「非常事態宣言の成立」など、憲法改正に四つの要素を盛り込むことを発表した。 その中で重要なのは、憲法第9条に自衛隊の存在を明記することで「戦争にふさわしい国」に変身することであり、これは戦争と軍の永久的な放棄を規定している。 「穏健派」に分類される岸田首相の性格に関わらず、この点で安倍首相の死の重荷は必然的に作用し、憲法が変更されれば韓国との構造的摩擦は避けられない。

事実、専門家たちは、安倍前首相の死や強制労働補償の問題を解決する過程で憲法を改正する日本の運動、それに続く世論、ユン・ソクヨル大統領の承認などの変数を指摘した。 。 評価。 参議院選挙の結果は、期待したほど変動しませんでした。

文在寅政権と比較して、韓日関係の改善が期待されているが、楽観的ではない。

「韓国と日本の認識の違いもあるが、日本は新日鐵と三菱重工業を「強制労働の補償」の問題で「戦争犯罪者」企業とは見なしていない。 、” 彼は言った。

以前、2018年10月と11月に最高裁判所は、日本鉄鋼と三菱重工業が強制労働の犠牲者にそれぞれ1人あたり最大1億ウォンから1億5000万ウォンを支払うべきであると裁定しました。

それに応えて、状況を是正するための代替案を見つけるために、官民評議会が4日に発足した。 朴首相は「司法の判断を尊重する」と述べたが、「金が出る前に、望ましい解決策を見つけるために一生懸命努力するつもりだ」と述べた。

また、「今後も訪日に向けて努力していきます」と付け加えた。 代表団は、ハン・ドクス首相、チョン・ジンソク国会議長、ジョン・ジンソク議員で構成されます。

また、韓中関係については、「中国との平等な外交は当然であり、欧米との連携(主演説)とは違う」と述べた。


©「5つの言語でのグローバル経済日報」アジュー経済日報。 不正な複製および再配布は禁止されています

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。