[기고] 特許戦争の新たなステージ、宇宙

李仁実、韓国特許庁長官

新宇宙時代の宇宙開発

各国の営業秘密と特許の保護

ヌリホ後、韓国が月面着陸を推進

先進国になるために知的財産権のために戦わなければならない

6月21日、ヌリの打ち上げに成功。 現在、韓国は独自の技術で1トン以上の人工衛星を打ち上げることができる世界で7番目の国にのぼりました。 一方、独自技術を確保するプロセスは容易ではありませんでした。 先進国は、宇宙技術がミサイル開発に悪用されることを恐れ、技術を特許ではなく非公開の企業秘密として扱ってきたため、後進国が宇宙技術を確保することは困難です。 韓国も例外ではありません。 到着が遅れ、先進国への協力を試みたが、国家間の技術移転を厳しく取り締まっていたため断られた。

今日、宇宙は未知の領域から新たなフロンティアへと移行しました。 これまで宇宙開発は、政府と軍が運営する公共および国家安全保障の領域でした。 近年、宇宙開発は、民間主導による事業化が世界中で活発に行われる新たな空間へと変貌を遂げています。 米国宇宙財団によると、2020 年の宇宙経済規模は 523 兆ウォンで、そのうち民間部門が約 80% を占めています。 2020 年だけでも、1,230 個の衛星が打ち上げられました。 これらのうち、89% は商用です。

民間企業が研究開発に積極的に投資するにつれて、特許や企業秘密は技術を保護する手段として非常に重要になります。 これは、先進国がコア技術の無断模倣を防止し、アウトソーシングや共同研究などの宇宙技術の商業化において主導的な地位を維持するために、特許保護を徐々に強化していることを意味します。 実際、グローバル企業は、宇宙産業の成長の可能性に早くから注目し、宇宙産業をリードしようと努力しています。 テスラCEOのイーロン・マスク氏の「スペースX」やアマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏の「ブルーオリジン」が代表例です。

SpaceX は、技術漏洩を恐れて、自社の宇宙飛行技術を企業秘密としてできる限り保護しています。 実際、競合他社は、特許に記載されている技術情報を、技術をコピーするための料理本として使用できます。 一方、「ワンクリック決済」の特許を取得してAmazonを開発したベゾス氏のブルーオリジンは、特許を優先。 ブルーオリジンは打ち上げコストを抑えるため、2009年にスペースランチャーの海上着陸技術の特許を出願し、2014年に特許を取得した。すぐに特許無効訴訟を起こした。 宇宙技術の分野も、もはや特許紛争に無縁ではないという事実の好例です。

欧州特許庁によると、宇宙飛行技術の特許出願数は、2009 年の 400 件から 2017 年には 2,200 件と、10 年足らずで 5 倍以上に増加しました。1990 年から 2017 年にかけて、韓国の研究者が寄託した宇宙飛行技術の特許の規模世界の5%でした。 韓国は、米国(38%)、中国(19%)、日本(10%)、ドイツ(9%)、フランス(8%)に次ぐ世界第 6 位です。

将来、宇宙を支配する国が世界を支配すると言われています。 政府は、2024 年までに民間の宇宙ロケット発射場を建設し、2031 年に月着陸船を打ち上げるために、来年から 2031 年までに約 2 兆ウォンを民間に投資する計画だ。 、Danuri は、グローバル企業 Space X のリサイクル ロケットで米国宇宙軍基地から打ち上げられます。

今回の「ぬり」の打ち上げには約300社の国内企業が参加しており、今後宇宙産業に参入する企業や人材が増えることは明らかです。 韓国が成長する宇宙産業に後れを取らないためには、企業や研究機関が知的財産にもっと注意を払い、努力する時が来ました。 政府も、私たちが頑張って開発した宇宙技術が海外に流出せず、知的財産権として適切に保護されるよう、積極的な支援を行う予定です。

< Détenteur des droits d'auteur ⓒ Seoul Economic Daily, réimpression et redistribution non autorisées interdites >

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。