[글로벌 리걸 이슈] 日本は悪意のあるコメントで懲役刑を言い渡されました…侮辱に対する罰を強化します









180090.jpg

侮辱に対する法的な罰則を強化する刑法の改正は、日本の衆議院(元老院)によって可決され、今月7日に発効しました。 インターネット上の「悪意のあるコメント」による被害が深刻化する中、懲役刑が科せられるように処罰のレベルが引き上げられました。 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やスマートフォンメッセンジャーを介して特定の人々を攻撃するネットいじめが韓国で蔓延しているため、サイバーいじめ、侮辱、名誉毀損を根絶するための重要なソリューションの必要性が強調されています。

日本の衆議院は先月13日に本会議を開き、7月7日を懲役30日未満、罰金1万円以下の懲役に処することに対する法定刑を増額した。 1年または30万円以下の罰金刑法改正が採択されました。 制限期間も1年から3年に延長されました。



このレビューは、2020年にフジテレビのリアリティ番組「テラスハウス」に出演し、悪意のあるコメントを受けて自殺した日本のプロレスラー木村花の事例に影響を受けました。 木村花に「いつ死ぬのか」「生きる価値があるのか​​」などの卑劣なコメントを書いた2人の男が9000円(約9万5000ウォン)の罰金で一時的に訴えられ、反発した。


30日未満の拘留; どこ


10,000円未満の罰金
1年を超えない期間の懲役; どこ


30万円以下の罰金



議会改正案が採択されました


制限期間は3年です



片側


「民事被害補償制度の改善」



ハンクク外国語大学法科大学院教授の李チャンヒョン(59、司法研究所19級)は、「最近、韓国では、最高裁による侮辱の執行を広く認めている決定がなされている。法廷でも」と彼は評価した。



韓国でも2019年、歌手のソルリ(本名チェ・ジンリ)とク・ハラが絶え間ない虐待を訴えて自殺した。ポータルサイトのエンターテインメント記事へのコメントは廃止された。 当時、ソルリ法と呼ばれる悪意のあるコメントを防ぐための法律が提案されたが、それは国会の敷居を越えることができなかった。 2月、プロバレーボール選手のキム・インヒョクが、彼の容姿に関連した悪意のあるコメントを受けたことを訴えて死亡した。

ネットいじめが発生するプラットフォームは多様であるため、被害も広がります。 特に、10代の若者の間では、ネットいじめは「theka」(被害者をグループチャットルームに招待し、虐待的な言葉をグループに投げ込む)や「爆破防止」(被害者をグループルームとそれらを放っておいてください)。



オンラインで発生した侮辱は、韓国刑法に基づく侮辱として罰せられる可能性がありますが、実際の罰はそれほど重要ではありません。 罰則は、懲役または最高1年の懲役、または最高200万ウォンの罰金であり、これは日本の改正法定罰と同様です。 懲役刑は可能ですが、実際には懲役または罰金が科せられることが多く、サイバースペースの性質上、犯人を特定することは困難です。

YKの弁護士であるシン・ウンギュ(37歳、司法研究所の44級)は、「侮辱罪は、パフォーマンスと特異性を証明する必要がある。時には」と述べた。

日本では、法的な罰則を引き上げるだけでは、オンライン侮辱の核心的な問題を解決することはできないと主張されてきました。 日本弁護士連合会(日本弁護士連合会)は3月、「インターネットの名誉毀損に対する正確な対策とは言えない。 イルビョン氏は、「侮辱による権利侵害への対策として、発信者情報の開示要件を緩和し、補償額を最適化するなど、損害賠償の民事救済を強化すべきだ」と述べた。



同様の補足法案が国会に提案された。 2020年、ピープルパワー会員代表の朴大大は、インターネットユーザーIDとインターネットプロトコルアドレスを一緒に表示し、それらに違反する情報通信サービスの提供者に罰金を科す半実名インターネットシステムの導入を提案した。









Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。