[글로벌포커스] 日韓紛争、政治は国境で止まらなければならない

世界遺産に端島炭鉱などの日本の近代的な産業施設を含めることをめぐる2015年の日韓外交闘争は、結果nを最後にしか知ることができず、毎回逆転する困難な戦いでした。順番。 示す。 同年7月にドイツのボンで開催されたユネスコ世界遺産委員会(WHC)に首席代表として出席した作家にとっても、危機、欲求不満、業績を同時に知っている忘れられない紛争である。ジェットコースター。 交渉の結果は、見つけるのが難しく、両国の指導者によって承認さえされたが、土壇場で強制労働に関する合意のテキストに関する歪んだ報告を受けた日本の高官による誤解のために失われた。その過程で、両国間の不信の原因は何か、そして原因と原則に基づく国際連帯がいかに強力な交渉の武器であるかを理解しました。

当初、日本はWHCメンバーからの圧倒的な支持を信じて、投票によりリストを完成させることを決意しました。 しかし、日本に対する包囲戦略を採用することで勝利が確信できないときは、強い一対一の交渉があり、歴史は光と影の両方を覚えていなければならないという合理的な議論で、しぶしぶ交渉しました。 、WHCの分割につながる投票は避けるべきです。 世界遺産に登録された7月5日のWHC会合での日本の首席代表の発言は、日本政府が国際会議で韓国人の強制労働の事実を認め、記念すべき行動をとることを約束した最初の事例でした。被害者。 一つは日本自身が選んだのではなく、厳しい交渉で成し遂げたものです。 しかし、約束は決して守られず、WHCは昨年彼女を公に批判するという珍しい一歩を踏み出しました。

日本は現在、もう一つの強制労働の場である佐渡金山を世界遺産に登録しようと無理な数の試みをしている。 岸田文雄首相は日韓関係への影響を考慮して登録申請を延期しようとしたことで知られるが、安倍晋三前首相からの政治的圧力により、韓国が南から解き放たれた「歴史的戦争」を避けてはならない。 。 韓国。 驚きがない限り、両国は再び死への決意の外交的戦いに従事するでしょう。 慰安婦問題や強制労働の判決ですでに地下に潜んでいる韓日関係が暗闇に閉じ込められて道に迷うのは非常に憂慮すべき状況だ。

両国の政界は、国内政治の歴史的問題を利用して日韓関係をこの点に導くことに大きな責任を負っている。 重要な外交協定は国内の政治的理由から繰り返し紙になり、紛争の本質は周囲の問題に関する議論に埋もれており、根本的な解決策を見つける努力はなくなっている。 2014年の慰安婦問題については、2015年12月の合意で、日本の「検証」を装った河野演説の「中立化」の試みによって打ち砕かれた両国間の信頼が回復することが期待された。その結果、犠牲者の記憶や次世代の教育など、両国間の重要な共同プロジェクトは、実施することさえできずに解体されました。 強制労働判決の問題も人権問題ですが、外交紛争の根本的な原因は、日本の植民地支配を違法行為として規定した2018年の韓国最高裁判所の判決と韓国の不一致です。 1965年-判決が保留されている状態で半世紀以上維持されてきた日本のアコードシステム。 それをどのように克服するかという問題があり、リムは互いに鳴り響き、非難しています。

新政府は6日後に発足します。 日韓関係の新たなスタートの絶好の機会は、疲れ果てた外交の戦いによって無駄にすることはできません。 両国は、米中覇権の波を適切に乗り切るために、現状を打破するために並外れた努力をする時が来た。 冷戦の始まりに大小の戦略について超党派の合意に達した米国上院議員ヴァンデンバーグが言ったように、「政治は国境で止まらなければならない」。

[조태열 전 외교부 차관·주유엔 대사][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。