[국제]佐渡金山は来年世界遺産に登録されませんでした…


[앵커]日本の植民地時代に強制労働が行われた佐渡金山を来年の世界遺産に登録するという日本の計画は、ほとんど失敗に終わった。

ユネスコは、日本政府からの推薦状が不十分であったため、レビューを実施しなかったが、日本は、文書を再提出すると述べた。

東京特派員のイ・ギョンアが報告する。

[기자]末松文雄文雄大臣は岸田首相に報告書を提出した。

ユネスコ事務局は、レビューの結果、佐渡金山の世界遺産に関する日本政府の推薦状が部分的に不十分であると報告しました。

このため、ユネスコは諮問機関に文書を送付せず、現地調査などの審査プロセスも行われませんでした。

日本政府は繰り返し見直しを求めてきましたが、ユネスコはその考えを変えていません。

[스에마츠 신스케 / 일본 문부과학성 장관 : 사도광산에 대한 추천서를 다시 제출할 수 밖에 없다고 판단했습니다. 고심을 거듭한 선택입니다. (사도광산의 내년 세계유산 등재는) 어려운 상황입니다.]

文化庁は、ユネスコが一部の鉱山施設の説明が省略されていると指摘したとして、韓国とは何の関係もないと述べた。

[日 문화청 관계자 : (기자 : 한국 측이 강제동원이 있었다며 반발하고 있는데…) (한국의 반발과 이번 결정은) 관계 없다고 생각합니다.]

日本政府は、佐渡金山の推薦状を9月までに再作成し、来年2月1日の期限までに正式に提出すると発表した。

ただし、登録の可能性は不明なままです。

ユネスコは、昨年7月に軍艦も世界遺産に登録された際に、強制労働の犠牲者を追悼するための措置を講じるという約束を守るよう、日本にすでに強く助言した。

江戸時代に再び強制動員の場である佐渡金山を推薦するのは無理だろうという批判は、約束を果たせずに、昔から批判されていた。

[나가타 미츠노부 / 강제동원진상규명네트워크 사무국장 (지난해 12월) : 그 유산이 어떤 경위를 거쳐 지금에 이르렀는지 전체적인 역사가 기술돼야 한다는 겁니다. 자기들에게 불리한 것은 감추겠다고 하면 정말 문화적인 가치가 있겠느냐는 것이죠.]

世界遺産のある場所の碑文について意見の相違がある場合、ユネスコは各部がそれについて話し合うことを要求します。

しかし、日本は韓国が最初に強制労働補償を解決することを要求するだけであり、二国間対話で佐渡鉱山問題に対処していません。

東京のYTNのキョンガ・リーです。

YTN Kyungah Lee(kalee@ytn.co.kr)

※「レポートはニュースになります」

[카카오톡] YTNを検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

[저작권자(c) YTN 무단전재 및 재배포 금지]

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。