[관점뉴스] Devsisters は 5 クォーター後に負けます…「Cookingdom」は解決策に役割を果たすでしょうか?

Devsisters は、『Cookie Run: Kingdom』の人気を維持するためのマップとして、継続的な更新と海外展開を推進しています。 (写真=デブシスターズ)

[뉴스투데이=이화연 기자] 昨年、モバイルゲーム「クッキーラン:キングダム」(以下、クッキングダム)で大躍進したデブシスターズは、今年第2四半期に再び赤字に転じ、苦味を味わった。 これは、ゲーム業界の人件費が上昇する中、1 周年を迎えたクッキングダムの販売が停滞したためです。

その結果、Devsisters は「Disney」をはじめとする主要な知的財産 (IP) 権と連携することで、Cookingdom の収益性指数を高めることを計画しています。 Com2uS とともに、同社は海外市場にも真剣に取り組む計画です。

Devsisters はまた、総売上高の 99% を占める Cookie Run IP への依存を減らすために 2 つの新しいゲームを開発し、今年の下半期にそれらを発売する予定です。

■5クオーターで真っ赤に…「クッキングダム」のサステナビリティに生死

18日、ゲーム業界によると、デブシスターズは第2四半期に22億ウォンの営業損失を計上し、前年同期から赤字に転じた。 Devsisters は、昨年の第 1 四半期以来、5 四半期ぶりに四半期ベースで損失を計上しました。 その結果、今年第2四半期の売上高は44.37%減の533億ウォンとなった。

新規ゲーム開発案件の人件費や海外展開に伴うローカライズ費用がマイナス影響。 実際、同社の第2四半期の営業費用は555億ウォンで、前四半期(513億ウォン)より8.1%増加した。


業績が低迷しているもう 1 つの理由は、Cookingdom が発売から 1 周年を過ぎて売上が減少傾向にあることです。 同社の第2四半期のゲーム売上高は520億ウォンで、前四半期(603億ウォン)より13.7%、前年同期(950億ウォン)より45.3%減少した。

画像

Devsisters四半期決算(写真=Devsisters)

クッキングダムは、デブシスターズが昨年の創業以来最高の年間売上高を達成したゲームです。

昨年1月21日に国内・海外で正式リリースされた『クッキングダム』は、キャラクターの世界観「クッキーラン」をベースに冒険やバトルを繰り広げ、王国を飾り、発展させていくキャラクター収集型ロールプレイングゲーム(RPG)です。 リリース直後、このゲームは Google Play、Apple App Store、One Store で 1 位になりました。 約 10 か月後には、全世界で累計 3,000 万人のユーザーを獲得し、急速なペースで稼働していました。

既存のクッキーランゲームシリーズとの違いは、自分だけの王国を飾る楽しさと、広大なクッキー大陸での探索・戦闘・討伐などの協力コンテンツ。

画像

実際のクッキングダムのゲーム画面(写真=デブシスターズ)

Devsisters は、今年下半期にヒットしたゲームである Cookingdom の売上とユーザー数の拡大、および海外での認知度の拡大に注力しているようです。

その代表例が、先月末から始まったディズニーとのコラボレーションです。 これにより、「ミッキーマウス」「アラジン」「白雪姫」など20種類の人気ディズニーキャラクターがクッキーの形でクッキングダムゲームに登場し、お題を集めました。 「夢と幻想の大祭典」アップデートのテーマに合わせた美麗なグラフィックも目を引きます。 Devsisters は、ディズニー限定の装飾アイテムやさまざまなリワード イベントの販売で、ユーザーを引き付けるためにあらゆる手段を講じました。

その結果、2 週間で、外国人クッキングダムの新規ユーザー数は、昨年の同時期と比較して 45% 増加しました。 1 日の平均アクティブ ユーザー数 (DAU) は 29% 増加し、支払いユーザー数は 168% 以上増加しました。 ディズニーに続いて、クッキングダムは下半期に世界規模の大型 IP との別のコラボレーションと大規模なコンテンツ アップデートを実施する予定です。

■クッキーランは屍か…新ウォレット開発の「スピード」

Devsisters と Com2uS は、欧州 24 か国を攻撃するための共同戦線を確立しました。 これに先立ち、両社は昨年 9 月にクッキングダムのヨーロッパでのローカル マーケティングに関する商業的パートナーシップに署名しました。 こうして、今年5月から両社の協業の輪郭が形になり始めた。 Com2uS は、戦略的ビジネス パートナーとして、ドイツやフランスなどのヨーロッパの主要国でライブ サービスと言語サポートを提供します。 また、各国のユーザーの嗜好に合わせたローカルマーケティングを推進していく予定です。

現在、Cookingdom は韓国、日本、台湾、タイ、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアにサービスを提供しています。 2Qの海外売上高比率は58%。 また、売り上げに99%依存しているクッキーランIPの負担を軽減する「デッドサイドクラブ」や「ブリックシティ」の新規開発も加速している。 どちらのゲームも Cookie Run ではなく、新しい IP に基づいています。

画像

Devsisters の新しい「Deadside Club」が今年リリースされる予定です (写真 = Devsisters)

Devsisters の開発子会社「Press A」が開発する Dead Side Club は、都市の建物で敵との壮絶な対決を繰り広げるガンシューターです。 建物の地形と空間構造を利用して隠蔽、防御、奇襲を行い、ダイナミックな射撃アクションで敵を圧倒する戦闘体験が特徴です。 このゲームは、オンライン PC およびコンソール バージョン用に開発されています。

Deadside Club は、今年上半期の最初のテストとテスト前の週末に、技術要素とゲームプレイ要素の検証を完了しました。 現在、公式ウェブサイトやソーシャルネットワークを通じてユーザーとコミュニケーションを取っています。

Devsisters のもう 1 つの開発子会社である Studio Kingdom によって作成されたビルディング シミュレーション モバイル ゲームの Brickcity も、今年のリリースを発表しました。 彼女は、汚染によって破壊された 2522 年に土地を再生するという生態学的価値と、下水材料である「レンガ」を使用して建物を建設することで、街を飾る楽しみを提供することを計画しています。

クッキーランIPも拡張。 リアルタイムバトルアリーナ「クッキーラン:オーブンスマッシュ」、モバイルアドベンチャーゲーム「クッキーラン:魔女の城」、カジュアル協力アクションモバイルゲーム「プロジェクトB(仮題)」の3種類がリリースを待っている。

Devsisters の関係者は「モバイル ゲームとしてのクッキングダムの特徴として、ユーザーは 1 年半後にゲーム モデルに慣れ、課金とゲーム時間は安定期に入りました。今後もエクスペリエンスを改善し、ユーザー数を増やしていく予定です。私たちの販売。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。