[과학]灼熱の月を探査する競争…「安全な独自のK-space技術」


[앵커]月探査競争の時代、韓国にとって重要なのは独自の技術です。

私たちの視線が月から離れた時期もありましたが、科学の研究は進み続けました。

レポーター キム・ジソンが、現在どのようなK探査技術に強みを持っているかをレポートします。

[기자]2年前に小惑星に飛来し、土を採取するために戻ってきた日本の探査機はやぶさ。

10年以上にわたるこのプロジェクトの成功により、日本の宇宙技術は世界の注目を集めています。

各国が宇宙探査で競争している今、遅れている私たちには、「はやぶさ」のような独自の宇宙プロジェクトと技術が必要です。

専門家は、惑星間インターネット通信におけるダヌリの最初の試みを最たる例として挙げています。

ダヌリは、ファイルとビデオを月から地球に送信する世界初の実験を主導しています。

[존 구이디 / 미국항공우주국(NASA) 우주탐사시스템부국장 : 우리는 다시 달로 돌아갈 것이고, 이번엔 짧게 들르는 것이 아니라 오래 머물게 되기를 바랍니다. 그래서 달 주변에 통신 네트워크를 구축하는 것이 필요하다고 봅니다.]

月探査の目的は、宇宙基地を建設することです。

現在、月の土である月の土から宇宙基地用のレンガを作る技術を先行しています。

ムーンソイル レンガは、太陽風や宇宙放射線から基地を守ることができます。

[이진영 / 한양대학교 건설환경시스템 공학과 박사과정 : 우주로 갔을 때 지구 중력이 1/6이기 때문에 더 튼튼한 강도로 발현하고 나사 대회에서도 그 강도를 만족시키는 결과를 얻었습니다.]

人間の胴体ほどの大きさのロボットが、ものすごい勢いで岩を破壊します。

地下を高速で360度回転し、本体サイズの2.7倍もの穴を掘ることができます。

[명 현 / 카이스트 전기 및 전자공학부 교수 : 두더지 특성을 반영해서 허리를 비틀면서 땅 안에서 자유자재로 회전할 수 있는 구조로 만들었고요.]

月と同じ環境の真空チャンバー内で、月の凍った地面をドリルで掘り、氷や資源を採取する技術が開発されています。

[유병현 / 한국건설기술연구원 수석연구원 : 전 세계적으로 달의 표면에 있는 흙만 채취하는 기술만 가지고 있습니다. 우리 연구원에서는 향후 달 지반의 1m 정도를 시추할 수 있는 능력을 보유하였고요.]

今後10年間で宇宙大国によって計画または推進される106の月探査プロジェクト。

いわゆる「ムーンラッシュ」に加わったK-Moon探査技術の成果に関心が集まっている。

YTNキム・ジソンです。

YTN キム・ジソン (sunkim@ytn.co.kr)

※「あなたの報告がニュースになる」

[카카오톡] YTNを検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

[저작권자(c) YTN 무단전재 및 재배포 금지]

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。