高旼廷「優しくて優しい…民主的なエンサイン」…放送中の高旼廷の「賛美」論争

KBSラジオの「JinwooJooLive」は、7月の第3週(18〜24日)にFair Press National Solidarity(以下「GongEon-ryun」、Fair Surveillance Groupのディレクター)によって選ばれた「最悪の二極放送番組」に選ばれました。 、Hong-ryeol Lee)。

元ジャーナリスト、現ジャーナリスト、市民団体、大学など約40人の監視調査団を通じて、主要公共放送5社(KBS、MBC、聯合ニューステレビ、YTN、TBS)の監視活動を行っているコン・オンリュン学生たちは、「先週の主なニュース放送。時事番組の見直しの結果、民主党の観点から問題に対処する不公正な放送と偏見の合計57件が検出された」と述べた。 27日。

「先週、放送会社のTBSが22件で最も多く、KBSが15件、MBCが14件と続いた」と紹介したGongEon-ryun氏。 「問題のプログラム」に選ばれました。

「優しくて優しいことで有名」と「呉世勲を破った高旼廷」が称賛

ゴン・オンリュン氏によると、22日の番組「ジンウジュライブ」では、ホストのジンウジュと出演者が放送通信委員会の監査院の監査の歴史について語った。 、「放送通信委員会は合意に基づく制度であるため、放送通信委員会には権限がほとんどない。」彼女は感謝の気持ちを「平手打ち」と評価しなかった。

しかし、「放送通信委員会が変わると、KBSとMBCの大統領が変わるかもしれない」と語った。

18日、「ジンウジュライブ」に進歩的な人物が登場し、出所を明かさずに「ビッグデータ分析」と「尹錫淑(ユンソクヨル)大統領に対する75%の否定的な世論」を紹介した。

また、尹錫淑(ユン・ソクヨル)議長とクォン・ソンドン(クォン・ソンドン)党首に関連する言葉は否定的にしか言及されておらず、民主党の李在明(イ・ジェミョン)議員に関連する言葉は肯定的にしか言及されていなかった。

ゴンジョンリュンはこれを、研究機関、調査方法、調査トピック、調査期間、調査マージンを明らかにするために必要な世論調査の規則を無視していると解釈している。

20日、同じ番組で民主党の高旼廷議員に電話インタビューを行った高旼廷氏は、「優しくて優しいことで有名な高旼廷議員」と露骨に一部の政治家を高揚させる。高旼廷は民主党のしるしだ」と述べ、「呉世勲を破った高旼廷代表」は繰り返した。

特に、ジュ・ジンウ氏は、「保守的なメディアは、コ氏の政治的成長に負担をかけすぎているため、彼を過度に攻撃し、支配している」と述べ、主観と政治的偏見を明らかにした。

ゴンジョンリュンは、このような放送を「放送審議規則の公平性に関する第9条、会話・討論番組に関する第13条など、第14条の客観性違反」と解釈した。

ペク・ヒョンドンの「監査結果」は22日に発表されたが、ニュースデスクを無視する?

ゴンジョンリュン氏によると、民主党を支持して「ジュ・ジンウ・ライブ」に加えて、多くの主要なニュースや時事番組が放送されたことが明らかになった。

KBSの「ニュース9」は22日、「民主主義法の遺産」であるとして批判されているという批判を無視して、「民主主義法の人々の尊重」に関連するニュースを配信した。 「議論の後で正当化されれば内容は変更できる」という野党の主張。

政府の「減税政策」が発表された21日、過大な懲罰的課税を正常化し、企業の投資を促すという肯定的な見方もあるものの、否定的な見方でしか報道されなかった。

この点で、コン・オンリョン氏は「ニュースの見出しによると、 『哲学は違う…5年間の累積減税で60兆ウォン以上』」と述べた。 。 ニュースの価値についての偏った判断の事例としてフラグが立てられたため、民主党に攻撃された」と述べた。

MBCの「ニュースデスク」は23日、「ベクヒョンドン」の「ドンキュユ」と題した報告書で、「監査検査委員会は、ソンナム市長であった李在明(イ・ジェミョン)代表の責任を明らかにしていない。ペクヒョンドンプロジェクトの時。」 彼はその主張を否定し、それらは「政治的報復」であると述べた。

これについて、コン・オンリョン氏は、「監査院は、李氏が李氏に対する告発を明らかにしなかったかのようにねじれたのではなく、正社員市場の調査であるため、制限があると述べた。全て。

ゴン・オンリョン氏は、「特に、監査院が前日に監査報告書を発表したと他の放送局が報じた主なニュースとは反対に、関連情報を提供しなかったニュースデスクは、その日の報告と提起された質問。」 。

パク・ジウォンの言葉で「チョンジャング」…太永浩が話し続ける

聯合ニューステレビの「ニューストゥナイト」は、20日の国民議会交渉グループ代表の演説を報道し、民主党党首のパク・ホングン氏の「大統領の民営化権力」に対する激しい批判に応えた。 および「ヘルパーの世話」と「私的雇用」。

しかし、それ以来、人民権力代表のクォン・ソンドン代行代表は、「特別職に選出された公務員の採用は、公務員の採用とは異なる。

19日、TBSラジオの「金抜俊ニュースファクトリー」が野党と野党の関係者に電話インタビューを行い、与党と野党を狭める二極化された番組を放送した。

キム・エジュン氏は、同日、朴ジウォン国家情報院長とのインタビューで、政府の出国禁止を嘲笑し、北朝鮮の漁師が北朝鮮に強制送還された事件に対抗した。大統領府と与党内の論争または政府の批判を引き起こした。

一方、その後の人民戦力代表のテ・ヨンホ氏へのインタビューでは、強制送還事件に関する回答や文書が間違っているかのように反論し続け、回答を断ち切ったため、テ代表からの「私の話を聞いて」という言葉。

世宗大学の保坂祐二教授は20回目の放送で、朴仁外相の訪日を「日本の極右に直面している」「外交を懇願している」と軽蔑したインタビューのみを発表し、反論は述べなかった。

特に、金エジュン氏は朴大臣の訪日について、「今回の日本の大勝利ではないか。 「日本を愛するなら、幸せな人もいる」と皮肉な口調で反日感情をかき立てる。

TBSラジオの「シン・ジャンシクの新オープニング」の司会者であるシン・サンシク弁護士は、19回目の放送で大統領府の採用をめぐる最近の論争を強調し、「今回は6年生の光州ジュ。これもライムだ。 。ドンヘファン、ガンヌンウ、グァンジュジュさん」と、彼は皮肉を込めて嘲笑した。

青瓦台の元広報部長であるパク・ヨンジン氏へのインタビューで、シン弁護士は「文在寅氏」と繰り返し述べ、民主党の要請に応えて「水の幽霊」でもあった。国家調査で、ピープルパワーは「文在寅政権を一緒に調査しよう」と述べた。 廃止

シン弁護士は22日の放送で、大宇造船海洋の冶金組合からの撤退問題を提起し、不審な投票用紙が発見されたためにカウントが完全に停止されたという事実については言及しなかった。 。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。