駐日大使は、強制労働の被害者が受けた判決を日本自身に認めなければならない


韓国の新しい駐日大使であるユン・ドクミンは、最高裁の判決に従って、強制労働の被害者は日本人作家への資産売却によるキャッシュフローを凍結すべきであると物議をかもしているように、発言は大使によってなされたものではありませんでした。外務省と調整。

ユン・ドクミン大使は9日、記者団と会見した外務省関係者は「政府は強制労働に関する大きな懸念と国民の関心を集めており、できるだけ早く解決策を見つけるために様々な努力をしている」と述べた。 、「会社の資産を現金化する前に、望ましい解決策を見つける必要があることは理解しています。

によると 尹大使は8日、就任後初の記者会見で「お金が手に入ったとき、韓日関係がどうなるか想像したくないが、おそらく企業価値がある」と述べた。韓国企業と日本企業の間で数十兆、数百兆ウォン。

これに先立ち、2018年11月29日、最高裁判所は、精神病の被害者であるヤン・グムドクとキム・ソンジュが動員の補償として三菱重工業に1億から1億5000万ウォンの慰謝料を支払わなければならないという判決を下した. .

しかし、三菱の実施が失敗したとき、原告のヤン・クムドクとキム・ソンジュは、韓国で三菱の2つの商標と2つの特許を「現金化」する命令を求める訴訟を起こし、両方の訴訟に勝訴した。 .

三菱重工は4月に最高裁に2度目の控訴を行ったが、一般公判期間を踏まえ、最高裁の判決は9月に言い渡される見通し。 最高裁判所が強制売却を決定した場合、清算手続きが行われます。

これに対して尹大使は「(被害者が)補償金を十分に集めることができるかは疑問だ。 そうではないことを指摘した。

彼は、「補償が現金で支払われる場合、被害者の尊厳と名誉を回復し、心の傷を癒すなどのプロセスが省略される」と述べた. 「被害者が一番苦しむ」 勝利」と彼は主張した、「しかし勝者はいないだろう」.

被害者を支援してきた市民団体である国立研究所は、同日発表した声明でユン・ドクミン大使の辞任を求めた。 彼らは尹大使の発言を「強制動員に関する大法院の判決の執行を妨害し、大韓民国の司法主権を無視する日本政府と加害者の態度を受け入れる」と定義した。

彼らは、「これは、被害者の人権を回復するよう日本政府を説得し、最高裁の判決を実行するための外交努力を導くという、駐日大使の義務を無視する非常に危険な発言です。. 私は大使の発言を強く非難します。

現金化が韓国経済全体に経済的損害を与える可能性があるという主張について、彼は「1965年の韓日請求権協定と2015年の韓日「慰安婦」のように、個々の被害者を犠牲にする論理は、国益のための権利であり、それはまさにそこにある」と彼は指摘した。

彼らは「尹大使は、被害者が要求する謝罪と補償は道徳的勝利に過ぎないと述べた。 彼は自分の不純な意図さえ明らかにしました。

彼らは「今日のユン・ドクミン大使の発言を見ると、日本政府を見て提出された外交を急いでいるユン・ソクヨル政権にとって、被害者が本当に望んでいるのは強制動員問題だ。被害者の権利を擁護し、最高裁の決定を尊重し、履行するよう努めている」とし、「朝鮮戦争の解決が期待できるかどうか、深刻な懸念がある」と述べた。

尹大使の発言が物議をかもしているが、外務省は距離を置いているようだ。 外務省は尹大使の発言について、駐日大使として過去の問題を早急に解決すべきだという前提に基づいており、発言内容について外務省との調整は行われていないと明らかにした。 本社。

しかし、外務省関係者は、キャッシュアウトのプロセスは時間の遅れの問題であるため、政府の計画は被害者や他の関係者との議論を通じて準備されるべきであるという立場を繰り返した.

一方、「強制労働問題に関する官民協議会」の第3回会合が外務省で開催された。 被害者の弁護士は、外交部が特別納付命令の再上訴の決定を延期するよう通知書を提出したことに抗議し、この会合に出席しなかった.三菱重工と対戦。

19日の会合では、三菱重工が韓国資産の現金化を決定する可能性とその対応策が主に議論された。 会談後、記者団に会った外務省関係者は「三菱重工業の特許権売却命令について、最高裁が審理不実施(無審控訴棄却)の決定を下す場合、取立命令は取り消すことができる。実行されます。 -債務関係を解決する方法について意見を聞いた」と彼は言った。

裁判所の決定まであと10日しかないため、政府が解決策を提示しない可能性があるかどうか尋ねられたとき、当局者は、「それが却下されるか、審理が継続するかにかかわらず、政府は引き続き懸命に努力しなければならない」と述べた。解決策を見つけ、被害者と連絡を取ります。 「私たちは切迫感を持っていますが、決定するのは政府次第ではありません。

外務省が意見書を提出した後、被害者側が強硬な姿勢を示した一方で、外務省は被害者側を探し出して説明する必要があるとの立場をとったという。 その過程で、現所長よりも地位の高い人物が被害者側に連絡をとろうとしていることが判明。

この記事の購読料を支払いたいです。

+1,000ウォン追加

+10,000ウォン追加

-1,000ウォン追加

– 10,000ウォン追加

一部のインターネット環境では決済が正しく行われない場合があります。
kb国民銀行343601-04-082252 [예금주 프레시안협동조합(후원금)]口座振替も可能です。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。