食べ物は「○回」以上噛むのが健康的




写真説明=噛むこともドライマウス予防に効果的/写真=Clip Art Korea

食物を適切に消化するには、少なくとも30回ゆっくりと噛む必要があります. これは、食べ物を乱暴に噛んだり飲み込んだりする習慣が消化不良を引き起こす可能性があるためです. よく噛むことの健康上の利点を発見してください。

◇認知症予防
あごを動かす「咀嚼運動」をすると、脳への血流が増え、脳に大量の酸素が供給されます。 その結果、記憶力や集中力が向上し、認知症を予防することができます。 イギリスのカーディフ大学の研究チームは、ガムを噛むグループとガムを噛まないグループに、1から9までの数字をそれぞれ30分間思い出してもらいました。 その結果、ガムを噛むグループはより速く、より正確に数字を思い出すことができました。 噛むとパロチンというホルモンが分泌され、血管性認知症のリスクが低下します。 パロテンは血管の弾力性を高め、白血球機能を活性化して血管を健康に保ちます。 日本の九州大学の研究チームが 60 歳以上の 1,566 人を対象に 5 年間の調査を実施したところ、歯が 1 ~ 9 歳の人は、20 本以上の人よりも血管性認知症になる可能性が 81% 高いことがわかりました。 歯。 研究チームは、食べ物をよく噛まないと、脳内の血液循環を十分に促進できないと説明しました。

◇食べ過ぎ防止
食べ物をゆっくりと長時間噛むと、唾液が大量に分泌されます。 唾液にはアミラーゼという酵素が含まれており、デンプンをすばやく糖に分解します。 血糖値が一定のレベルに達すると、満腹であるという信号が脳の満腹中枢に送られます。 つまり、噛む習慣が食べ過ぎを防いでくれます。 また、アミラーゼは弱アルカリ性の成分で、胃や十二指腸の酸性度を適度に保ちます。 したがって、胃酸は食道または十二指腸に作用し、食道炎、潰瘍および胃炎を抑制します。

◇疲労回復
食べ物をよく噛むことは、疲労を軽減するのに役立ちます。 これは、食事の際に分泌される唾液中の酵素であるペルオキシダーゼが、疲労の原因となる活性酸素を除去し、細胞を健康に保つためです。

◇口臭・歯周病の予防
よく噛むことは口の乾燥を防ぐ効果もあります。 確かに、唾液は食物の破片や細菌を排除することによって口をきれいにします. 口臭の主な原因はドライマウスです。 お口が乾燥していると、朝晩の口臭がひどくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。 通常、1分間に0.25~0.35mlの唾液が分泌されますが、食べ物を長時間噛むと唾液の分泌量が増え、1分間に最大4mlまで分泌されます。 水を十分に飲んだり、酸っぱい果物を食べたりして、唾液腺を刺激するのも良いでしょう。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です