韓日関係改善期に登場したイ・ジェヨン…自称民間外交官

[이데일리 이준기 기자] サムスン電子のイ・ジェヨン副社長は、日本の著名なビジネスリーダーとの一連の夕食会で韓日関係が改善する中、サプライズで登場した。 李副大統領と日本の経済界は長年にわたり特別な信頼関係を築いており、李副大統領の世界的なネットワークは非常に広範であるが、李副大統領は将来、文民外交官としての役割を担うのではないかとの憶測がある。 .

サムスン電子のイ・ジェヨン副社長が欧州出張を終えて先月18日、ソウルの金浦ビジネス航空センターから帰国した。 写真=ニュース

信頼の上に築かれた日本のネットワーク… 故・李健熙大統領の影響

李副大統領は前日(4日)に3年ぶりに再開した第29回日韓商談会に出席するため訪韓した戸倉正和住友商事、経団連の戸倉正和会長と会食した。 5日、東原日立市で経団連会長、副会長との昼食会を開催。 十倉社長は、前日の午前に全経連との商談会、午後に尹錫烈(ユン・ソクヨル)社長との会見を行った後、李副社長と夕食を共にした。

李副大統領はこれまで、日本の経済界に多大な貢献をしてきました。 代表的な例は、2011 年の東日本大震災で被害を受けた日本企業に不当な納期を要求しないよう日本企業に指示したことです。驚きと悲​​しみでした。 従業員とその家族の安全を願い、被害があった場合には復旧と生産活動が迅速に行えるよう積極的に協力していきます。 毎年春には、日本の主要な部品・素材会社と定期的にやり取りをしながら、日本の主要な顧客との新年会を開催しています。 この点について、ある財界関係者は「李副大統領が日本ネットワークを立ち上げたのは、父である故李健煕大統領の影響が大きい。

実際、1987年に李秉哲(イ・ビョンチョル)社長が亡くなった後、李健熙(イ・ゴンヒ)社長は、当時学生だった李副社長が日立、松下、ソニー、東芝などの日本の主要顧客を訪問するたびに同行した。 前任者の死後もサムスンは揺るがないという信念を植え付けるためだった. イ・ゴンヒ会長は、1993年の新指導部宣言直後、日本の主要電子部品企業との協同組合である「LJF(イ・ゴンヒ・ジャパニーズ・フレンズ)」を立ち上げた。

住友商事・経団連の戸倉正和会長(左)と経団連の常陸東原利明会長・副会長。 写真=サムスン電子。

李副会長は、「投資界のビッグハンド」と呼ばれるソフトバンクのソン・ジョンウィ会長(日本名孫正義)とも親しい。 2019年7月には、韓国を訪問した孫会長と会談し、第4次産業革命の基盤となる次世代通信とモノのインターネットに関する戦略的協力計画について話し合った。 孫社長は、2013年と2014年に韓国を訪問するたびに、李副大統領を訪問したことが知られています.サムスン電子が5Gネットワ​​ーク機器をNTTドコモやKDDIなどの日本の1位と2位の大手通信事業者に提供した理由は、.日本でのリーのつながりに。

「韓国経済の深刻な状況…JYネットワークを活用すべき」

日本の輸出規制で韓日関係が最悪だった2019年9月、日本の経済界との信頼関係なく​​して李氏を「ワールドカップ」に招待することはできなかった。彼を招待するのは韓国のビジネスマンだけです。 財界関係者は「紛争のさなかにあっても、両国が依然として重要なパートナーであることを両国国民に象徴的に示した場面だ」と語った。

別の通商関係者は「李副大統領は韓国の重要な資産だ。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。