韓国-米国-日本-中国バイトアンドバイトセミコンダクターチキンゲーム [유웅환 반도체 열전]

日本は低コスト戦略でアメリカの拠点を打倒した
韓国と台湾に追い抜かれ、技術は後退している
中国は低中コストの大量生産で韓国の技術を脅かす

ジョー・バイデン大統領は、3月9日、米国ワシントンのホワイトハウスキャンパスでビジネスリーダーや知事と仮想会議を開き、半導体チップのサプライチェーンの問題について話し合います。 [로이터=연합뉴스]

恥ずかしがり屋のチキンの癖から生まれた「チキンゲーム」は、一方が譲歩しないとすべてが惨事につながるというゲーム理論です。 近年、メモリ半導体における韓国の拠点を壊そうとする中国の執拗な追求は、チキンゲームを彷彿とさせます。 中国は、DDR4やLPDDR5と呼ばれる大量生産のDRAM半導体などのローエンドセクター(中低価格)で3〜5年以内に韓国に追いつくと予想されています。

ちなみに、半導体分野では1980年代から10年に1度の大規模なチキンゲームが行われていることが判明。市場シェアを拡大​​するための一連の急激な値下げにより、業界企業は赤字や破産に追い込まれた。

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領とジョー・バイデン(ジョー・バイデン)大統領が5月20日にサムスンエレクトロニクスの半導体製造工場を訪問したことを記念して署名した次世代GAA(ゲートオールアラウンド)に基づく世界初の3ナノ半導体プロトタイプ京畿道平沢。 [연합뉴스]

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領とジョー・バイデン(ジョー・バイデン)大統領が5月20日にサムスンエレクトロニクスの半導体製造工場を訪問したことを記念して署名した次世代GAA(ゲートオールアラウンド)に基づく世界初の3ナノ半導体プロトタイプ京畿道平沢。 [연합뉴스]

1980年代、アメリカの覇権に対する日本の安価な攻撃

チキンの半導体ゲームの前奏曲が始まった1980年代。 当時、市場は米国によって支配されていました。 1970年代、Intelは世界初のDRAMを製造し、半導体市場で主導的な地位を維持しました。 しかし、NECと東芝や日立などの日本企業は、低価格政策でIntelに圧力をかけ始めています。

これらの日本企業は、米国よりも安い価格で半導体を販売し始めています。 1980年代には約4ドルだった64KDRAMの価格は30セントに下がります。 生産コストは約1.70ドルでしたが、販売価格はかなり低かったです。 最終的に、IntelはDRAMの生産を断念しました。

IntelのDRAM生産からの撤退は、DRAM市場における価格競争だけでなく、そのビジネス戦略にも影響を及ぼしました。 インテルは、会社のマージンが50%を超えた場合にのみビジネスを維持します。 証拠金率が下がった場合は、事業の売却または撤退を検討してください。 インテルの内部証拠金率基準を満たしていない場合、将来を見据えた会社または食品会社ではないと見なされ、会社は終了します。

Intelは、Appleのように完成品を販売しないという戦略に固執しています。 完成品が直接製造後に販売された場合、マークアップは低下するというのがIntelの考えです。 言い換えれば、Intelは、従来のチップとチップ接続ソリューションで価値を高めるという既存の戦略を使用しています。

メモリ半導体を折りたたんだインテルは、システム半導体企業として生まれ変わりました。 当時、三星(サムスン)電子は半導体だけで2000億ウォンを失っていた。 最初のソリッドステートチキンゲームは、日本のNECと東芝の勝利で終わります。 チキンゲームの勝者である日本は、約10年間半導体市場を支配しており、世界のDRAM半導体市場の約80%を占めています。

台湾の半導体製造会社TSMCの製品とロゴ。 [로이터=연합뉴스]

台湾の半導体製造会社TSMCの製品とロゴ。 [로이터=연합뉴스]

1990年代の韓国のPC流通競争

1990年代には、パソコン(PC)の普及に伴い、DRAMの需要も急増しました。 企業として、低コストのPCDRAMを製造することが重要でした。 サムスン電子はこの期間を逃しませんでした。 主に安価なDRAMを製造し、メモリ半導体市場の主要プレーヤーになります。 2000年代初頭、サムスン電子は日本企業を完全に追い抜き、韓国が半導体市場の勝者として浮上しました。

これを受けて、日本企業は競争力を高めるために企業間の統合措置を講じてきました。 1999年12月、日立マニュファクチャリングとNECのDRAM部門が合併し、「NEC日立メモリ」が誕生しました。 翌年5月に社名をエルピーダメモリー株式会社に変更。 2003年に三菱電機のDRAM事業を引き継ぎ、日本で唯一のDRAM会社となりました。

JiangsuAzureCorp.の半導体チップ製造拠点。 中国江蘇省淮安で。 [로이터=연합뉴스]

JiangsuAzureCorp.の半導体チップ製造拠点。 中国江蘇省淮安で。 [로이터=연합뉴스]

2007年、日本は再編されましたが、破産しました。

2007年の今年、台湾のDRAMメーカーは生産を大幅に増やし、3番目の半導体チキンゲームが始まりました。 値下げ競争に負けないように、世界中の企業が半導体価格の引き下げを始めています。 その結果、512メガビットDDR2 DRAMの平均価格は2009年に6.8ドルから0.5ドルに下がります。同時に、1ギガバイト(GB)DDR2DRAMの価格も0.8ドルに下がります。

この時点でのチキンゲームの結果は、前の2つのチキンゲームよりもはるかに悲惨でした。 典型的な例は、ドイツの「キマンダ」​​と日本の「エルピダ」です。 インフィニオンテクノロジーズAGからスピンオフしたメモリ会社であるキマンダは、2006年の立ち上げ時に世界第2位のDRAMメーカーでした。300mm製造業界の最前線にあり、パーソナルコンピューターとサーバーのDRAMサプライヤーのトップにランクされました。 しかし、チキンゲームの結果、2007年第3四半期から2008年第4四半期までの累計で25億ユーロ(約3.3兆ウォン)の赤字を記録し、2009年に破産した。

Elpidaは、価格戦争に新しいテクノロジーを導入するために不当な努力をしました。 チキンゲームの最中、エルピダは2007年から2008年の間に2014億円の営業利益で倒産寸前だった。日本政府は債券銀行日本人に300億円と1000億円を投資してなんとか生き残った。 復活した人々は、2009年に40ナノ、2010年に30ナノの開発を熱心に発表しましたが、両方をリリースすることはできず、主力製品として50ナノのDRAMしか生産していませんでした。

2010年には、台湾と日本の企業が生産設備に再投資し、生産が増加し続けたため、DRAMの価格は下落し始めました。 1ギガビットDDR3DRAMの価格は10月に1ドルを下回りました。 それ以来、エルピダは2011年初頭に25ナノメートルクラスのDRAMを開発し、7月に量産を開始すると発表しましたが、それでも実現しませんでした。 関連施設への投資の確認がなくても、エルピダの技術開発計画は間違っていたことが判明し、市場の信頼が失われました。

この過程で、世界のDRAM市場で3番目にシェアを占める日本のエルピーダは、2011年第4四半期に1,100億円の営業利益を記録しました。2012年2月27日、エルピーダは司法管理を申請し、最終的に破産しました。 。 その後、2012年7月にマイクロンテクノロジーズに25億ドルで買収され、マイクロンメモリジャパンに変更されました。

一方、エルピダの破産はSKハイニックスにとってチャンスだった。 確かに、供給の伸びが限定されているため、競合他社の数は減少していますが、スマートフォンの時代の幕開けによりスマートフォンの需要は急増しています。 2015年、SKハイニックスは18,798億ウォンの最高売上高と5兆3,361億ウォンの営業利益を達成した。

このようなチキンゲームの歴史を見て、読者は、将来展開する可能性のあるチキンゲームをどうやって克服できるのか疑問に思うかもしれません。 シリコンバレーの文化の手がかりを見つけたいです。 それについては来週話します。

*私は27年の経験を持つ半導体愛好家です。 韓国科学技術研究所(KAIST)で修士号と博士号を取得した後、Intelで上級管理職を務め、Samsung Electronicsの半導体部門にスカウトされ、最年少のCEOを務めました。 現代自動車研究所所長、SKT(ESGグループ長)副社長等を歴任し、20代目の社長買収を経て、半導体政策に関する報告書を執筆。 彼は、Prentice Hallとともに、高速半導体設計に関する90を超える国際的な半導体論文と書籍を出版しています。

SK Telecomの前副社長、Woonghwan Yoo

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。