韓国産業連盟と日本産業連盟が「第29回日韓商談会」を開催

韓国起業家連盟(以下、韓国産業連盟)と日本経済機構連盟(以下、「キョンダンリョン」)は、ソウルのFKIホールで第29回日韓商談会を午前中に開催した。 4位。

コロナパンデミックにより3年ぶりに開催された今回の会議では、韓国産業連盟と韓国産業連盟を主な柱とする両国の体制である△経済動向韓国-日本と展望△持続可能な社会を実現するための日韓協力△新しい世界秩序と国際関係について話し合い、日韓関係について話し合う改善に取り組むことに合意した。

「日韓関係の改善は、1998年の日韓共同宣言-金大中-小渕宣言として知られる21世紀の新しいパートナーシップへの対応です」とFKIの許昌秀社長は語った。 現場での協力を強調する宣言は、現在に適応するために更新されなければならない。

その後、許昌秀(キョンダンリュン)十倉雅和(キョンダンリュン)会長は、昨年就任した際、金大中・大渕の発言は、韓日関係の方向性だと述べた。相互の輸出制限、日韓通貨交換の再開、そして韓国の包括的太平洋横断パートナーシップとプログレッシブ(CPTPP)への参加は直ちに解決されるだろう」と述べた。

十倉雅和会長の十倉雅和氏はまた、「日韓関係が困難であるほど、1998年の日韓共同宣言の精神を維持し、共に前進することが重要である」と述べた。将来を目指しながら。」また、日本経済が韓国と日本の指導者や大臣の間の対話をできるだけ早く再開することを望んでいる」と述べた。

会議では、日韓の経済動向と展望、相互輸出制限の廃止、人と人との交流を拡大するための相互ビザフリーエントリーシステムの再開、韓国がCPTPPに参加する必要性、日韓協力インド太平洋経済枠組み(IPEF)開発協力と日米問題首脳会談の形成など、日韓間の関心のある問題について様々な提案や議論がなされてきた。

特に、コロナウイルスにより中断されていたビザなしの相互入国制度を活性化することにより、人と人との交流を拡大する必要性について、双方の参加者の間でコンセンサスが得られました。

さらに、会議はまた、国際舞台での韓国と日本の間の協力の必要性について議論した。 韓国の参加者は、韓国がCPTPPに参加する必要性を強調し、これに対する日本の支援を求めた。また、米国のバイデンの指導の下で5月に開始されたIPEFにおける韓国と日本の協力の必要性についての議論もあった。管理。

日米最大の同盟国との三国間協力の必要性についても言及され、日韓ビジネスサミットの設立や経済分野における実質的な三国間協力を強化するための会合の必要性も提案された。

一方、全国経済人連合会、全国経済人連合会(FKI)、全国経済人連合会(FKI)は、1998年に「日韓共同宣言-21世紀の新たなパートナーシップ」(別名キム)を発表した。大中大中宣言)は、精神を維持し、前向きな関係を確立し、私的交流を正常化するためにビザ免除プログラムを活性化する必要性を確認する。 彼らは8点共同声明を採択し、来年東京で第30回日韓ビジネス会議を開催することに合意した。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。