韓国人観光客をはじめ訪日観光客増加…消費増による百貨店特別「円安」

[서울=뉴시스] ▲パク・ジュノ記者〓新型コロナウイルスによる行動制限が緩和され、訪日外国人旅行客の消費や国内旅行の需要が高まり、百貨店やホテル業界の売上がコロナ前の水準に回復している。

19日付の日本経済新聞によると、コロナの防疫措置の緩和で富裕層を中心に訪日客が増える中、百貨店では期間を上回る免税販売を達成し始めた。 12月に入り、国内旅行も回復傾向にあるため、宿泊料金がコロナ前の水準を超えているホテルも出てきています。

10 月 11 日、日本政府は、日本への訪問者に対する個人旅行の禁止を解除し、特定の国に対する短期ビザ免除を再開しました。 日本政府観光局(JNTO)によると、10月の訪日外国人旅行者数は49万人と9月の2.4倍。 コロナ危機前の2019年10月と比べると2割ですが、韓国人観光客は6割程度に戻っています。 東南アジアやアメリカ、ヨーロッパからの訪日客も増えています。

円安のおかげで、訪日旅行者の高額出費も増えています。

日本百貨店協会によると、10月の免税売上高は136億円。 2019年10月と比べると47%減だったが、高島屋を含む百貨店5店の11月の免税売上高は2019年同月比50~90%に回復した。 三越伊勢丹百貨店では終盤から免税売上高11月から12月初旬は、コロナ前の2019年の同時期と比較して4%増加しました。

免税売上の回復は、ラグジュアリーブランドや高級腕時計などの高額商品に支えられています。 円安で海外より安く買える商品もあります。 日本百貨店協会によると、10月の訪日外国人1人当たりの買い物金額は6万5000円で、2019年同月(19万2000円)の約3倍。

松屋銀座百貨店(東京本店)では、11月から50万円前後の高級ブランドバッグや高級腕時計が頻繁に出店。 12月1日から15日までの免税売上は2019年同期を5.7%上回っており、百貨店の店長は「香港や台湾など中国系の旅行者が多く、12月全体のようだ」と話した。コロナ前の記録を超える」

しかし、コロナ前に訪日外国人旅行者の3割を占めていた中国本土からの客は戻ってこなかったため、中国人がよく行く薬局(コンビニエンスストアなど、一般的な商品だけでなく、医薬品も売っている)へ」被爆」。 ‘ 化粧品と基本的な必需品。 まだまだ回復は遅いと言われています。 大手企業の11月の免税売上は2019年同月の約4分の1にとどまり、中国人客が多い家電店も回復が遅れた。

来年は、防疫措置が徐々に緩和されることもあり、訪日外国人旅行者の増加が見込まれています。 野村総合研究所は、2023 年の訪日外国人旅行者数を 1,384 万人と推定している。コロナ前の 2019 年には 3,188 万人を下回っているが、2022 年 1 月から 10 月には 152 万人を大きく上回っている。

訪日外国人旅行者の増加に加え、政府の観光振興政策「国民旅行支援」の実施により、日本国内のホテルやホステルも活況を呈しています。

観光庁の宿泊旅行統計調査によると、10月の全国宿泊者数は4,426万人で、前年同月比38%増となり、2019年10月の日本人旅行者の水準を上回った。

需要の回復に伴い、客室単価も上昇傾向にあります。 東京パレスホテルでは、11月の客室平均単価が2019年同期を上回りました。外国人宿泊客比率が6割を超え、12月の売上高は1ヶ月ぶりの高水準となる見込みです。

日本のビジネスホテルチェーン「ドーミーイン」も、今年9月から2019年同月を上回る平均客室料金を記録した。 客室稼働率もコロナ前とほぼ同じ水準まで回復しており、ホテル側も「訪日外国人が増えればコロナ前の水準を超える」としている。

2023年は、防疫措置が徐々に緩和されることもあり、訪日外国人旅行者の増加はさらに増加すると予想されます。 野村総合研究所は、2023年の訪日外国人旅行者数を1384万人と推計した。コロナ前の2019年には3188万人を下回っていたが、2022年10月には152万人を大きく上回った。

◎同情メディアNewsis pjh@newsis.com

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です