韓国ドラマ「偶然見つけたハル」に失速した日本…「この生涯で韓国に勝てない」

2月25日現在の日本におけるNetflix人気ランキングトップ10。

画像説明2月25日現在の日本におけるNetflix人気ランキングトップ10。

▶拡大表示するにはここをクリック

スマートフォンやNetflixなどのOTT(インターネットビデオサービス)の普及と相まって、韓国ドラマをこれまで以上に視聴する人が増えています。 同時に、前例のない成功が注がれています。 昨年の「イカゲーム」の成功と最近の「今、私たちの学校」の成功はそれを物語っています。

特に隣国では、Netflixのこれまでのコンテンツトップ10(2月25日)のうち6つが韓国ドラマであり、2年以上放送されている「愛の不時着」や「梨泰院クラス」が今も愛されている。 自分の作品は韓国の作品より劣っているとの雰囲気が日本にあったのは久しぶりで、なぜ日本が韓国のようにできないのかという質問がよく聞かれます。 最近、この点に関して、日本のビジネスウィークリー「社長」は、韓国ドラマが人気と品質の点で日本のドラマを大幅に上回っている理由を比較して分析した記事を発表しました。

ケーブルテレビに出演して強化された韓国ドラマ

ヒョンビンとソン・イェジンの夫婦

画像説明tvNの「愛の不時着」でヒョンビンとソン・イェジンのカップル。 最近の結婚ニュースも日本で話題になっています。 [사진=연합뉴스]

「韓国では、2006年以来成功しているケーブルテレビ局が、既存の地上のフィクションとは一線を画す野心的な作品を制作しています。」 昨年「私の人生を変えた韓国ドラマ2016-2021」など、韓国文化に関する本を出版した日本人作家の藤脇邦夫氏は、次のように述べています。 2000年代から2010年代にかけて現在のレベルに到達します。

韓国のケーブルテレビドラマと言えば、2006年の「tvN」を皮切りに、2011年以降の「OCN」の大規模ドラマ制作が思い浮かびます。同時に、一般番組チャンネル(JTBC、MBN、チャンネルA、朝鮮放送)も開放され、かつては地上独占だったドラマ制作環境が大きく多様化した。 明らかに、ケーブルテレビは、既存の地上ドラマとは少し異なるオリジナルと新しいテーマの作品をたくさん放映しました。

俳優のキャスティングにも違いがあります。 特に日本の地上波テレビチャンネルの場合、同じ俳優と常に同じ文法とスキームに基づいてドラマをスケジュールする傾向が強いです。 しかし、韓国のケーブルテレビは俳優の人気にあまり依存せず、計画通りに俳優を募集している。 藤脇氏は、「日本では、2000年代初頭に登場した主演俳優は、年をとっても登場し、同じような役割を何度も繰り返している」と語った。 また、「制作費を支払ったスポンサーを考慮した作品のみを行う日本と韓国では、企画力に大きな違いがある」と指摘した。

投資規模と計画能力の優位性は「明確」です

18カ国の15歳から59歳の住民のうち、4,850人が韓国ドラマを体験しました。 調査期間は2021年11月5日から12月8日までです。出典=韓国国際文化交流庁

画像説明18カ国の15歳から59歳の住民のうち、4,850人が韓国ドラマを体験しました。 調査期間は2021年11月5日から12月8日までです。出典=韓国国際文化交流庁「2022年海外韓流調査」。

投資規模の違いは、韓国ドラマと日本のドラマのレベルにも違いをもたらします。 2000年代まで、日本のフィクションの制作費は韓国のフィクションよりも平均して高かった。 しかし、今では長い間逆転しています。 日本の経済週刊誌「エコノミスト」によると、韓国ドラマは昨年以来、一作品あたり平均100億ウォンから300億ウォンの費用がかかる。 一方、日本の大手放送局のドラマ制作費は1作品1億円から5億円(約11億〜53億ウォン)に過ぎなかった。

この投資額の違いは、必然的に仕事の質の違いに直結します。 多くの日本人が韓国ドラマは大規模であると言う理由があり、ドラマであるにもかかわらず映画のように見えるビデオがたくさんあります。 普段韓国ドラマを見るのが好きな30代の男性、中村英弘氏は、「日本のドラマよりもエピソードが多く、エピソードあたりの長さが長い。

拡散の環境要因もあります。 日本の放送業界は安定した広告市場を有しており、その収益構造により、初回のみ放映することで利益を生むとともに、制作費を回収できる規模になっています。 海外販売などの二次リリースを無視しても、韓国の10倍の1作品あたりの広告収入が期待できることが知られています。 したがって、韓国では利益の回収が優先事項であり、海外での販売かどうかは二次的な問題でした。

一方、韓国の小さな国内市場は、韓国企業が何らかの形で限界を超えてより大きな市場に参入するきっかけとなっています。 新しく作成された韓国の視聴覚コンテンツの多くは、輸出または外国の視聴者を念頭に置いて制作されていることはよく知られており、不十分な制作費は輸出によって賄われることがあります。 2018年、韓国ドラマの輸出額は年間2億4,190万ドルで、日本のドラマ輸出額(3,148万ドル)の8倍でした。 日本貿易振興機構(ジェトロ)も、「韓国ドラマに比べてエピソード数が少ないため、日本のドラマは現地市場からの輸入に消極的であり、評価が上がると終了する」と分析した。

世代を超えた中年女性の独占所有…「人気コンテンツ」の確立

フジテレビの家族ドラマ

画像説明2002年に放映されたフジテレビの家族ドラマ「北国で」。

藤脇氏は、2000年代以降に韓国ドラマが日本で人気を博し始めた理由は、中年の人々が見ることができる日本のドラマを見つけることが困難だったためだと説明します。 日本のドラマは若者向けに作られる傾向があると言われているため、多くの中年の人々が韓国ドラマに恋をし始めています。 日本では、2002年に終了した家族ドラマ「北国で」以来、時代劇を除いて、中年層にアピールする作品はほとんどありませんでした。 当時、2002年の日韓ワールドカップで韓国への関心が高まるとともに紹介されたドラマは「冬のソナタ」でした。

実際、2000年代初頭まで、「エレガントではないが、日本で消えた無邪気さと人間性を感じることができる」という韓国ドラマの批評家が多かった。 また、消費者層は中年女性を中心に推移する傾向が強い。 しかし、それ以来進化してきた韓国ドラマは、俳優の画質、素材、ストーリー、演技の面で現在静止している日本のドラマよりもはるかに進んでいると評価されています。 現在、韓国ドラマは日本のレンタルショップの旗艦製品として、BS TVの定期的なプロとして、そして伝統的なNHKの朝のドラマと同じくらいおなじみのコンテンツとしての地位を確立しています。 「冬のソナタ」以降、「愛の不時着」は、若者から中年男性に人気の消費財となりました。

「今世紀の日本のドラマが韓国のドラマに追いつくことは不可能です」

Netflixイールド「村西とおる肉監督」と主演俳優の山田孝之。

画像説明Netflixイールド「村西とおる肉監督」と主演俳優の山田孝之。

「OTTの最盛期には、韓国ドラマはアメリカの作品に匹敵するレベルに達します。」 一部の外国の批評家はまた、近年増加している韓国ドラマを評価します。 藤脇氏はまた、「日本が伝統的に強いアニメーションを除いて、ビデオコンテンツ、特にドラマにおいて、日本が今世紀に韓国に追いつくことは不可能である」と述べた。

もちろん、これに反対する日本人もいます。 TBSドラマ「ホワイトナイトトレイン」やNetflixの「村西とおる監督」で韓国で有名な日本の最高の俳優の一人である山田孝之(山田孝之)もその一人です。 彼は最近エンターテインメントショーに出演し、なぜ日本のドラマが韓国ドラマに押し戻されたのかと尋ねられたとき、「日本のドラマの制作チームとキャストは韓国に比べてそれほど弱くない。 山田氏は「俳優の演技、撮影、編集のせいではないと思う」と語り、出演・企画を手伝った「村西とおる監督」は海外の多くの人に見守られていた。 日本の素材として。

藤脇氏はまた、韓国ドラマはいわゆる「オーバーザトップ」で日本のドラマよりも優れているが、「これは日本の方向性、脚本、俳優が劣っているという意味ではない」と主張している。 彼は、資金調達プロジェクトが20代と30代の若い女性を対象としたステレオタイプの作品に限定されており、優れた脚本が制作につながる機会が少ないため、日本の最大の問題を指摘しています。 言い換えれば、新しいプロジェクトがドラマになり、NetflixのようなOTT風に乗れば、現在の傾向から逃れることができるかもしれません。 韓国ドラマの人気を超えた日本のドラマを思いのままに公開できるのか。 これまでの傾向を見ると、簡単に見えないかもしれませんが、それはまだわかりません。

※土曜日に連載されている「韓国、中国、日本を見て」では、韓国、中国、日本を中心に、アジアに関する大小の問題を取り上げています。 下部のプレスページで[+購読]をクリックすると、次の記事をすばやく簡単に受け取ることができます。

[신윤재 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です