韓国の輸出規制は暗い話です…失敗が効果的ではなかったことを認めた日本人男性、ヨンヒョンジョンによる日本の産業の分析。

韓国の半導体産業に打撃を与えるために5000億ウォンの費用で150兆ウォン?
うまくいかなかった…「日本の不公正な規制を克服する」という名目でのみ
韓国に道徳的優位性を与えることを恥じるべきである

日本経済新聞

韓国への基本的な半導体材料の輸出を管理することは明らかな失敗であり、日本の通商政策のブラックストーリーであることが指摘されています。

日本経済新聞は20日、102年の歴史を持つ大機小機(大機小機)のコラムを発表し、「北東アジアの政策では、日韓関係の改善が優先されている。韓日問題の輸出管理が失敗していることを確認しなければならない」と述べた。

日本は2019年7月から韓国への3つの主要な半導体と展示品の輸出を規制している。理由は「韓国の輸出管理に不適切な問題があるため」と思われるが、安倍晋三首相はそれが「事実上の事実」であるとの認識を表明した。強制労働訴訟への韓国政府の対応の失敗に対する対策」。 新聞を指摘した。

日本の半導体材料の輸出を規制することで、「韓国の半導体産業全体(15兆円)に損害を与える可能性のある高レバレッジ制裁措置」と評価されているが、500億円(約504億ウォン)のドライバー”。 素晴らしい、と彼は言った。

文在寅前大統領も9日の辞任演説で、「日本の不当な輸出規制による危機を乗り越えた」と述べた。

日経は「日本の通商政策の厳しい歴史」として、「輸出規制が効果的でなかったと言うよりも、韓国に道徳的な高みを与えることを恥じるべきだ」と批判した。

彼はまた、経済的手段で戦略的目標を達成する「経済国家工芸(経済外交)」は、ロシアに対する西側の制裁がそれほど効果的ではないほど単純ではないと指摘した。 複雑な経済活動を単なる政治的意図で置き換えようとするのは無理だと説明されている。

彼は、「経済的手段を通じて他国に圧力をかける」という考えそのものは、もともと日本では概念ではなかったと指摘した。 国連安全保障理事会またはG7制裁に従っている間、彼は単一の国に対して経済外交を使用したことはありません。

同紙は、「自由貿易体制が日本の最大の利益」であり、「経済安全保障を確保するためには、全面防衛(敵に攻撃された場合にのみ反撃しない日本の防衛原則)を実施しなければならない」と述べた。

基礎半導体材料の輸出制限を受けて、サムスン電子やSKハイニックスなどの韓国の大手半導体企業は、自社のサプライチェーンを独自にローカライズし始めている。 日本の化学大手住友化学は、韓国で史上最大の100億円以上を投資することにより、規制対象の新しいフォトレジストプラントを建設しています。

東京=特派員Young-hyoJunghugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。