韓国の新幹線チャイナショックチョイス

戦国武将の光と闇 ~日本の近所~

▲チャイナショック、韓国の選択=ハン・チョンホン作。
韓国にとって、中国は「ショック」のようなものです。

2013年に習近平国家主席が政権を握って以来、「中華帝国の返還」を夢見る中国は、巨大な津波のような脅威と拡大の動きを見せてきました。

2016 年の THAAD 事件以降、韓国と中国の目的はなかなか一致せず、中国に対する国内の世論は否定的だ。

大学で中国語と中国文学を専攻し、15年近く中国に留学した著者は、電気自動車、ディスプレイ、半導体の分野に携わり、中国が覇権帝国の道を選ぶ理由を分析し、中国との争いを続ける。世界。

大中華圏市場を立ち上げるために多くの中国のコングロマリットと協力した彼の多くの経験が本に組み込まれています。

著者は、冷静に冷静に今の中国に向き合うべきだと主張する。

韓国にとって中国は真の脅威であり大きなリスクだが、彼は「反中国」「反中国」の感情(中国への憎悪)では問題を解決できないと語った。

彼は、中国株式市場の暴落が韓国に与えた影響を分析し、「中国の不幸が韓国の幸福になるはずがない」と主張している。

この本は、習近平国家主席が今年10月に「3期目」を迎えることを確認する第20回党大会に言及し、「一人の人物の下での権力の集中は、中国の悲劇的な現代史と中国の政治に蓄積された致命的なリスクと密接に関連している. “。 そして経済システムは観察されました」と彼は言いました。

著者の中心的な主張は、これらのリスクを直接見た場合にのみ、私たちの社会はそれらに対処するためのビジョンを持つことができるということです.

の隣に。 304ページ。 一万七千。

[신간]    チャイナショック、韓国の選択

▲戦国武将のコントラストと闇=本郷和人作。 イ・ミンヨン訳。
日本の戦国(せんごく)時代は、各地の武将たちが権力をめぐって争う戦乱の時代でした。

混沌の中、織田信長と豊臣秀吉が覇権を握る。

豊臣の死後、徳川家康率いる東軍が石田三成率いる西軍を破り、戦国時代は終焉を迎え、江戸時代が幕を開けた。

東京大学史料館教授である著者は、東軍と日本軍の「關ヶ原の戦い」を中心に、命がけの武将たちの対比を明らかにした。世界を決める決戦と呼ばれる西。

常識だけでなく、最新の研究成果もわかりやすく解説してくれました。

この本には、豊臣の武官である黒田官兵衛と、実際に西軍の創設に貢献した大谷吉継に関する逸話も含まれています。

また、志賀と家族の友好関係を維持するための外交官と、城主の夫を助ける管理者として仕えた女城主である立花銀千代の物語も語られています。

ジャーを書く。 276ページ。 一万五千五万。

[신간]    チャイナショック、韓国の選択

▲日本という隣人=ソ・ジョンミン。
日本の明治学院大学の教授である著者は、過去数年間に朝日新聞に連載された一連の年代記を本にまとめました。

1990年に京都に留学後、30年間韓国と日本を行き来しながら留学。

最近、安倍晋三元首相の殺害の動機に関連して、統一教会が明るみに出ました。

2019年4月に執筆した日本の宗教に関するコラムで、著者は、日本は一見無宗教の国ですが、宗教なしでは説明できない国であると述べました。

また、「宗教的カリスマ性」が歴史的観点から日本の政治の根幹をなしており、新興宗教が溢れ続けるのが日本社会の特徴であると論じた。

著者はまた、韓国と日本の関係において文化が重要な役割を果たしていると主張しています。

日本の漫画やアニメなど大衆文化を通じて日本語を学んだ多くの韓国の若者と出会い、文化的コミュニケーションを実践する人々こそが韓日関係の最大の強みであると感じたことを告白します. .

ドンヨン。 256ページ。 一万七千。

/ユンハプニュース

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。