韓国のライバルに負けた…日本の成功した電子産業の崩壊チョン・ヨンヒョによる日本の産業の分析

写真=ゲッティイメージズ銀行。

日本の主な輸出製品は、過去20年間で、日用品や食料品に変化しました。 テレビの輸出が76%減少したなど、家電市場における韓国と中国へのイニシアチブの喪失の結果であると分析されています。

第27回日本経済新聞は2002年と2021年の日本の輸出を比較し、化粧品、果物、食品などの日用品の輸出が大幅に減少した一方で、電子製品の輸出が半減したことを発見しました。 2002年と2021年のドルに対する為替レートは約130円程度でした。

2021年の日本の総輸出額は8兆9,100億円(約824兆ウォン)で、2002年の1.6倍である。一方、電子製品の輸出が大幅に減少していることが注目された。 テレビの輸出は2002年から76%減少しました。オーディオ機器とオフィス機器はそれぞれ83%と54%減少しました。 二輪車の輸出も20年間で43%減少しています。

「韓国と中国の競合他社に市場シェアを失ったアイテムや、デジタル化により使用頻度が大幅に低下したアイテムの減少は顕著でした」と新聞は分析しています。

日本の主な輸出製品が自動車と鉄鋼であるという事実は変わっていません。 しかし、昨年の日本の自動車輸出は2002年から10%減少して3,81,910台になりました。 輸出は20年前から22%増加していますが、全体的な輸出成長率を下回っています。

これは、日本の自動車メーカーが円高を回避し、生産拠点を海外に移転するための「アウトバウンド戦略」を実施した結果であると分析されている。 ホンダは昨年、海外の工場で351万台、414万台の85%を生産した。 日産自動車は海外で339万台のうち294万台を生産した。 日本の自動車メーカーの中で、国内生産の割合が高いトヨタは、海外でも581万台を生産し、国内生産の276万台の2倍以上を占めています。

家庭用品や食品は、家電製品の輸出の空白を埋めました。 化粧品の輸出は20年間で11.7倍になりました。

日本の化粧品会社資生堂は、栃木県、大阪府、福岡県に3つの工場を建設するために1,400億円以上を投資する予定です。 資生堂が日本に生産拠点を設立したのは36年ぶりです。 資生堂の魚谷雅彦社長は、「化粧品を自信を持って使うことが非常に重要であるため、日本の生産拠点を確立する必要があると考えています。

お茶と果物はそれぞれ14.1倍と6.6倍に増加しました。 日本の農産物輸出は、2011年の福島原発爆発の衝撃を乗り越えて昨年初めて1兆円を超えた。「日本で生産された基本的な必需品と食料が海外品質保証証明書として知られている」と新聞は述べた。説明した。

"韓国のライバルに負けた"…日本の急成長するエレクトロニクス産業の崩壊 [정영효의 일본산업 분석]

1990年代から崩壊していた玩具産業も、低価格の中国製品のおかげで復活しました。 昨年、日本の玩具輸出は2002年から2.6倍に増加し、ピーク時の1990年の水準に戻った。 これは、日本のアニメの人気により海外需要が高まったためと説明されています。

玩具メーカーのバンダイスピリッツは、静岡県に「機動戦士ガンダム」のプラモデルを製造する新工場を設立することを決定しました。 玩具の精度を測る消費者のトレンドに対応するため、日本でほぼ100%プラスチック製のガンプラを生産する戦略です。

バンダイの関係者は、「技術力の確保、金型保管、日本ブランドのメリットを考えると、ガンダムのプラモデルを海外で生産することは難しい」と語った。

東京=特派員Young-hyoJunghugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。