韓国のチップ4に参加している中国の高抵抗チェックの文脈では、半導体の国内および外国為替

中国は米中競争の中で半導体デカップリングを中国に対して攻撃的と見ている
先端半導体技術分野における中国の劣等感の背景…「自給自足」には時間がかかる

中国の日々のチェックと韓国が「チップ4」に参加するのを防ぐためのチェックの背景は、米国と中国の間の戦略的競争における半導体の絶対的な重要性、チップ4の特徴、そして中国の半導体産業の相対的な後進性です。これは米国の制裁の中で深まっています。 オブザーバーはどこでもそれを見ます。

チップ4は、韓国、米国、日本、台湾の4か国を指す米国が想定している半導体アライアンスです。

北大西洋条約機構(NATO)との協力と、中国の封じ込めに焦点を当てたインド太平洋経済枠組み(IPEF)への参加も、いくつかの監視下に置かれています。

しかし、これらの問題が中長期的に中国の中核的利益と主要な懸念に影響を与える可能性のある問題と見なされる場合、中国の認識は、4チップ問題がより差し迫った現実的な問題であると思われます。

まず第一に、経済と軍事の2つの主要分野にまたがる米中戦略的競争における半導体の重要性は絶対に重要であり、中国はチップ4を半導体サプライチェーンから中国を排除するための米国の「デカップリング」の試みと定義しています。 。

半導体が軍事産業だけでなく、自動車や各種家庭用品などの一般製造業にも参入しない状況で、主要な半導体生産国である韓国や台湾と半導体提携を結び、強力な半導体製造施設である日本は、米国が半導体の分野で中国と同盟を結ぶことを目指しています。

中国外務省のスポークスウーマン、趙立堅は19日の定期的なブリーフィングで、「米国は人為的な産業移転と分離を試み、国際貿易ルールを破壊し、市場を混乱させている。グローバル」と述べた。

米国の備伝政権が、韓国と台湾の半導体製造工場を自国に誘致することで、緊急時に半導体を自給自足できるシステムを構築した後、次のステップは、近くにある韓国、日本、台湾を移転することでした。中国と中国への中国の半導体エコシステムをサポートします。 スプライスを切断する試みは、チップ4と見なされます。

専門家は、この認識は、米国と中国の間の戦略的競争が非常に深刻に進んでいるという事実を反映していると信じており、両国間のすべてが遮断されるという最悪のシナリオでさえ完全に排除することはできません。

韓国のチップ4の参加が厳しく制限されている中、「半導体の内外交換」

また、半導体の分野ではまだ「イノベーション」を実現していない中国国内の状況もあります。

昨年、中国の半導体輸入額は3,500億ドルに達し、これは中国の総輸入額の13%に相当します。

価値の面で原油や農産物の輸入以上のものであるという事実からわかるように、内部および外部の評価は、中国がハイテクの分野で最高の世界レベルからまだほど遠いことを示しています。 半導体ですが、海外への依存度は依然として高いです。

これに関連して、米国は、中国企業による自社技術を含むソフトウェア、機器、材料の販売の禁止、国内投資家の投資の禁止など、マルチレベルの制裁措置を使用して、いくつかの中国の半導体企業に直接圧力をかけています。中国企業では緊急になっています。

代表的な例として、中国最大の委託半導体メーカーであるSMICは、半導体ショールーム機器を購入できないため、高度なマイクロプロセッサの量産を飛躍的に伸ばすことが困難です。-米国政府とは異なり、オランダのASMLの推進力。

中国は、米国の制裁措置の網を突破する方法は、最終的には半導体の自給自足システムを構築し、国内の能力を注入することであると信じていますが、時間の壁を一度に突破することはできません。

したがって、自給自足の半導体システムを確立するまで、韓国が米国の中国との半導体デカップリングに参加することを阻止する緊急の必要性を感じているように思われる。

「日米韓半導体同盟は中国の半導体産業を完全に崩壊させることができるか」というタイトルの記事。 21日にオンライン版「Groom’sFinances」に掲載されたのは、中国の「意図」を前提としている。

記事には次のように書かれています。「中国は世界で最も先進的な電子およびデジタル自動車製造業を持っているため、半導体の需要は世界初です。 »。

彼は続けた。「米国、日本、韓国、台湾が半導体同盟を結んだ場合、グローバルなハイエンド半導体はほとんどの場合、アメリカの家族によって管理されます。 これは、チップ4の封鎖を解除するには、

このような状況では、中国の「トラストコーナー」は「市場」でもあります。

香港を含む中国市場が韓国の半導体輸出の約60%を占める状況において、中国の国営メディアは、韓国がサプライチェーンの混乱に参加することが現実的であると指摘している。時間。 時間。

最終的に、中国が独自の半導体自給自足システムを構築するための努力を後押しするにつれて、半導体の分野で、さらには貿易一般でさえ、韓国が中国に依存していることを利用して、Chip4への韓国の参加を検証する準備ができているようです。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。