韓国に到達し、日本の世話をする

◀ アンカー ▶

訪日中のパク・ジン外相は、本日、岸田総理と会談した。

会談後、朴長官は日帝強占期の強制動員補償問題や慰安婦合意など歴史問題について言及した。

双方の雰囲気はかなり異なります。

ヒョン・ヨンジュン特派員、東京特派員。

これは、韓国と日本の間の最もデリケートな問題です。

強制労働問題をどのように解決するのか? パク・ジン長官は、政府が努力するだろうと言ったが、それは私たちだけだろうか?

◀ ジャーナリスト ▶

はい。 まず、会談後に朴長官が最も重要な発言をしたことを聞いてみましょう。

[박진/외교부 장관]
「私は岸田総理に、日本企業が強制労働補償の問題で現金化する前に、適切な解決策を見つけるよう努めると言いました…」

控えめではありますが,朴長官から,官民協議会の発足などの取り組みも行っているとのことでしたので,岸田総理もリーダーシップを発揮し,共に解決に向けて協力を求めました。

具体的には、日本の戦犯に被害者に謝罪するよう説得したい。

日本のTBSによると、岸田首相は朴長官に対し、1965年の国交樹立との関係を踏まえて現在の問題を解決すべきだと語った。

これは当時の韓日請求権協定に言及しており、以前の立場の繰り返しと見なすことができます。

◀ アンカー ▶

まず第一に、私たちの政府は日本に手を差し伸べていると言えますが、日本の気分は少し冷たいですよね?

◀ ジャーナリスト ▶

岸田首相は比較的穏健だが、世論も監視している。

日本では、安倍前首相の死後、強硬派の保守派が団結している。

自民党が岸田首相と朴長官の会談に反対したという噂もある。

岸田総理と朴長官の会談もわずか18秒と異例の短さだった。

[기시다 후미오/일본 총리]
「パク・ジン長官から安倍前首相の訃報を受け、尹大統領から弔辞を受け、感謝の意を伝えてほしいとの言葉を交わした」と話した。

日本のメディアが分析したように、大統領の支持率の低下は、韓国政府が韓日関係のデリケートな問題を変えるのを難しくしている。

日本は強硬派にも気をつけなければならない。

東京からMBCニュースのヨン・ジュン・ヒョンに会いましょう。

映像カバー:キム・ジノ / 映像編集:イ・ジョンソプ

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です