韓国と日本の外相が東京で会合…強制労働問題の迅速な解決に対する一般的な必要性

「枢密院の主な内容を説明する…日本は耳を傾ける雰囲気です」
「焦点は輸出制限の撤廃にあります」…GSOMIAも議論しました

朴振外相と林芳正外相は18日、東京で外相会議を開き、強制労働補償問題の迅速な解決が必要であるとの見解を共有した。

外務省によると、朴外相と林外相は同日午後、外相と会談し、両国に共通する現在の問題や利益について話し合った。

2017年12月以来4年7ヶ月ぶりの韓国外交部長官の訪日です。

◇パクジン「お金を稼ぐ前に解決策を見つける努力」…林は聞く
朴大臣は、「会談で、強制労働の決定に関連して、日本企業の国内資産が清算される前に、望ましい解決策を見つけようとすると述べた」と述べた。

2018年10月と11月、韓国の最高裁判所は、新日鉄と三菱重工業に対して、強制動員の犠牲者を補償するための最終判決を下しましたが、これらの被告は補償を提供する義務を果たしませんでした。

したがって、資産(現金)の強制売却の法的手続きは、早ければ今秋に実施される可能性があるという見方があります。

韓国では、被害者の指導者、学界、法務、経済界の専門家、元外交官が参加して、強制労働の被害者への補償の解決策を模索する官民評議会が結成された。

しかし、まだ参加者の意見を聞くことに注力している段階であるため、解決策は実現していません。

外務省当局者は会談後、韓国の記者団と会談し、「(朴仁大臣から林外相へ)官民評議会の主な内容を十分に説明した。

日本側は耳を傾ける気分でした。

同氏は、「両国は、現金を現金に変換することはできないという認識を強く共有している」と述べた。

外務省は会談後のプレスリリースで、「外交正常化以降、林外務大臣が築き上げてきた日韓関係を踏まえ、日韓関係を発展させる必要がある」と述べた。関係。 彼は、日本占領期の「強制動員労働者」の日本の表現を含む、韓国と日本の間の現在の問題を解決する必要があると述べた。

外務省によると、朴大臣はまた、現金化する前に望ましい解決策を見つけようとすると述べ、両国の外相は問題を早期に解決することに合意した。

しかし、両国の閣僚間の直接会談では、現金化する前に問題を早期に解決するという認識を共有したようであるが、強制労働の犠牲者から要求された謝罪と補償の方法に関する具体的な意見については言及しなかった。日本企業による。

◇GSOMIAの標準化と日本からの輸出制限の撤廃の問題について話し合う
朴大臣と林外相はまた、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)の運用を正常化し、日本の韓国への輸出制限を撤廃する問題について話し合った。

朴大臣は、軍事情報包括保護協定や輸出管理問題など、日韓間のさまざまな問題を包括的に解決すべきだと述べていることで知られています。

外務省当局者は、「日本の輸出規制については、世界のサプライチェーンを混乱させる効果がある」と述べ、会議の内容を紹介した。

日本側がこれにどのように反応したかは不明である。

日本軍の慰安婦問題については、被害を受けた慰安婦の尊厳をどのように取り戻すかなど、具体的な議論はありませんでした。

朴大臣は、「金大中大渕宣言」の精神と目的に沿って二国間関係を構築すべきだと述べた。

大臣と秘書は、急速に変化する国際情勢の中で、両国は地域的および世界的な平和と繁栄のために様々な分野で緊密に協力すべきであるという見解を共有した。

外務省当局者は、「北朝鮮の7回目の核実験の際には、新たな国連安保理決議などの強力な対応が必要であり、中国とロシアの建設的な役割が重要であると述べた」と述べた。

北朝鮮との対話の扉を開いたままにし、柔軟で開かれた外交的アプローチを追求するために、彼らは韓国と米国の間の協力をさらに強化することを決定した。

双方は、朝鮮半島の最近の状況についての彼らの評価を共有し、北朝鮮からの新たな挑発に断固として対応することを決定した。

韓国と日本の外相が東京で会う..."強制労働の問題は迅速に解決されなければなりません"(合成)

◇ビザ免除などの人と人との交流の回復を加速する
朴大臣はまた、両国が最近、金浦・羽田航空路の再開や緊密な連絡による検疫の免除など、韓国と日本の間の人と人との交流を回復するための措置を講じていると評価した。

これを踏まえ、日本側は、ビザ免除など、交流を活性化するために必要な制度的基盤の整備に引き続き努力すべきであると語った。

外務省は、両国間の様々な問題を迅速に解決するために、閣僚レベルを含む協議をスピードアップすることに双方が合意したと述べた。

外務省当局者は、「パク・ジン大臣の訪日は、両国の外相間のシャトル交渉の開始を意味する。

朴首相は会談に先立ち、安倍晋三前首相の死去の衝撃と悲しみを日本人が賢く克服してほしいと日本に表明した。

20日まで3日2泊の朴首相は19日、岸田文雄首相を訪ねる予定だ。

朴首相はまた、日本側の助言を受けて、安倍首相に哀悼の意を表することも期待されている。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。