韓国、米国を含む17カ国でサプライチェーンの多様化を推進…強制労働をなくすための協力

ビデオでの閣僚会議…「透明性、安全性、持続可能性の原則」に関する共同宣言の採択
ブリンカーン:「武装できる国はない」…ジン・パーク、サプライチェーン早期警報システムの導入

韓国、米国、日本、欧州連合(EU)は、20日、世界的なサプライチェーンのレジリエンスを構築するための閣僚レベルの会議を開催し、透明性、多様化、安全性、持続可能性などのサプライチェーン協力の原則について合意しました。

「グローバルサプライチェーン協力に関する共同声明」は、今日の午後(米国時間)、第20回米国東部時間の朝にビデオで開催された「サプライチェーン閣僚会議2022」で採択されました。

この会議は、トニー・ブリンカーン米国務長官とジーナ・ラモンド商務長官が共催し、韓国、日本、EU、オーストラリア、インドネシア、インド、ブラジル、コンゴ民主共和国を含む18か国が一堂に会しました。

韓国では、朴振外相と産業通商資源部のアン・ドクグン商工エネルギー大臣が参加した。

参加国のうち、インドネシアを除く17か国が共同声明に参加し、短期間の輸送、ロジスティクス、サプライチェーンの混乱、ボトルネック、長期的な回復力の問題によって引き起こされるサプライチェーンの脆弱性が消費者、企業、労働者に影響を与えると述べました。 と世帯、協力の原則を示唆している。

民間セ​​クター、市民社会、政府などのさまざまなレベルの利害関係者と協議して、サプライチェーンの透明性を促進し、潜在的なサプライチェーンの問題に関する情報共有を強化し、早期警告システムを探します。

それは、各国の国内法および国際的義務と一致する方法で基本的な担保権の保護を確保することです。
声明は、個人使用のための情報を含む非公開情報に特別な注意を払うと述べた。

また、優先分野で「信頼性が高く持続可能な」原材料、中間財、完成品の供給源を多様化することも決定しました。

この点で、標準ベースの経済的パートナーシップとサプライチェーンの確立と強化も含まれます。

さらに、彼は、供給依存と主要インフラに関連する潜在的な脆弱性から生じるリスクを特定して対応するための協議を深め、サプライチェーンに沿った持続可能性関連の目標を推奨すると述べた。

特に、宣言はサプライチェーンにおける強制労働の撤廃に関する協力を規定した。

サプライチェーンを多様化する努力は、人権の尊重を損なうものであってはなりません。

サプライチェーンから強制労働を排除し、供給依存のリスクを特定することへの言及は、中国やロシアなどの権威主義国への依存度が低いサプライチェーンを作成するという米国バイデン政権の政策の方向性と一致していると解釈されます。

この会議は、昨年10月にイタリアで開催されたG20サミットでジョーバイデン大統領が主催したグローバルサプライチェーン修復サミットのフォローアップとして準備されました。

当時、バイデン大統領は、「私たちのサプライチェーンは、単一の失敗の原因に依存しないように多様でなければならない」と主張し、強制労働や子供がいないサプライチェーンの必要性を強調しました。

「回復力のあるサプライチェーンは、パートナー国が常にリアルタイムの情報を共有して変化を予測し、それに対応する透明なシステムです」と国務長官のトニー・ブリンカーンは発言の中で述べています。

「回復力のあるサプライチェーンは多様性によっても特徴付けられる必要があり、ある場所から調達できない場合は、別の場所から見つけることができます」と彼は言いました。

「回復力のあるサプライチェーンは安全であり、政府や他の関係者からのサイバー攻撃に対する脆弱性が少ないことを意味します」と彼は言いました。

商務長官のジーナ・ラモンド氏は、「米国は、米国の半導体生産に520億ドルを投資する半導体法を可決するよう議会を説得するために最善を尽くしている。 彼の署名)」と彼は言った。

会談の中で、朴金大臣とアン・ドクグン長官は、国際的なサプライチェーン協力のための韓国のさまざまな取り組みについて言及した。

朴大臣は、尿素水危機後の主要品目供給の混乱を特定し、先制的に対応するために韓国政府が確立した海外外交使節団のネットワークを中心とした早期警戒システムを導入した。

彼はまた、G20、中央鉱物安全保障パートナーシップ(MSP)、インド太平洋経済枠組み(IPEF)など、さまざまな多国間レベルで志を同じくする国々との協力を拡大していることを強調した。

アン氏は、韓国は今回の会合を含む様々な多国間協議会でサプライチェーン協力に関する議論に積極的に参加する予定であり、半導体、電池、塩基性鉱物などの主要分野でサプライチェーンを安定させるために各国と二国間努力を行ってきたと指摘した。 。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。