防衛省「北朝鮮の核・ミサイルは無視できない…『反撃能力』も含めてあらゆる選択肢を検討」

日本政府は、北朝鮮の核とミサイルの脅威は、日本と地域の安全保障にとって見逃せない問題であると強調してきた。 この点について、彼は「反撃する能力を含め、法的枠組みの中ですべての選択肢を検討している」と述べた。 パク・ドンジョン記者が報告する。

日本は、北朝鮮からのミサイル発射が繰り返される場合、いわゆる「反撃能力」を含め、あらゆる選択肢を現実的に検討していると述べている。

防衛省関係者は4日、VOAが北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対して「反撃能力」をどのように活用する予定かを問う書面での要請に対し、「対応できる段階ではない」と回答した。この段階でのレビューの具体的な詳細に。」

特に、日本の防衛省の関係者は次のように述べています。日本と地域の安全」と説明した。

「このような状況を踏まえ、命と人の命を守るための十分な準備が整っているとの認識に基づき、いわゆる反撃能力やミサイル迎撃能力の向上を含め、あらゆる選択肢を現実的に検討している」と述べた。 . .

また、「日本の自衛権は他国が武力行使で行使できるものであり、いわゆる『先制攻撃』は認められないと思う」と述べた。

「この点で、新たな安全保障戦略を策定する際には、反撃能力を含むすべての選択肢が、憲法と国際法の枠組みの中で十分に検討されることを望む」と彼は宣言した.

「かなりの数の弾道ミサイルが日本近辺で開発・配備されており、一度発射されると非常に短時間で日本に到達し、人々の生命と財産に深刻な損害を与える可能性があります」と彼は宣言します。

特に、関係者は「最近、超音速ホバリング兵器や不規則な軌道で飛行するミサイルなどの技術が急速に変化し、進化している」と説明した。

これに先立ち、先月22日に防衛省が発表した「防衛白書2022」で、日本の自衛隊は、危機の状況によって自衛隊の反撃能力を見直す可能性があると述べた。

憲法上戦争をすることができない日本が、防衛白書で「反撃」の可能性を提起したことを初めて知った。

防衛白書は、日本の防衛政策を扱った章で、「急速に変化するミサイル技術への対応」という見出しの下で、「超音速ホバー兵器と日本周辺の異常軌道ミサイル」に言及している。 反撃能力を含め、選択肢を排除するつもりはありません。」

「日本がミサイルで攻撃された場合、敵のミサイル基地を攻撃することは、他に手段がない限り、自己防衛です」と彼は言い、「それは明らかに先制攻撃とは異なります」と述べた。

北朝鮮は今年武装デモを開始し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、中・短距離弾道ミサイル、複数の大砲を含む少なくとも 31 発のミサイルを発射した。

VOAニュースのパク・ドンジョンです。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。