関東における韓国ジェノサイドの真実の調査と名誉の回復に関する特別法の推進

「真実を明らかにし、日本に説明責任を負わせるために、政府レベルの調査委員会が結成される」
国内外の市民団体40団体と連帯して「100周年記念事業推進委員会」を発足

国内外のNGOや政治家が協力して、1923年の関東大震災での朝鮮人虐殺の真実を明らかにし、犠牲者の名誉を回復することを目的とした特別法を制定している。

「第100回関東大震災記念事業推進委員会」(以下、推進委員会)は、12日、ソウル中区の韓国プレスセンターで開所式を行った。

関東大震災は、1923年9月1日にマグニチュード7.9の関東大地震が日本の首都圏を襲い、混乱した状況で日本の韓国人、中国人、日本の社会主義者を虐殺した事件です。

「韓国人が井戸を毒殺し、火をつけた」などの噂が広まり、自警、警察、兵士によって6,000人以上(独立系新聞に記録)が殺害された。

開所式には、1923年の日韓在日市民連帯、国民和解評議会、6月15日の共同宣言実施のための南部委員会、強制動員と過去の排除の問題を解決するための共同行動が含まれていました。日本、ハナ人民、国立研究所、市民グループの独立、安国に対する共同行動このイベントには、私たちの学校と子供たちを守るための市民グループ、正義とメモワール・ソリダリテが解決するための市民グループなど、約40の国内外の市民グループが参加しました。日本軍、労働組合連盟、韓国労働組合連盟、世界の村人連帯における性的奴隷制の問題。

「当時、上海暫定政府は調査を実施し、韓国人が不当に虐殺されたことを世界に知らせたが、彼らに責任を負わせたり、損害を補償したりする条件はなかった」と、独立大統領のイ・マン氏は述べた。市民会。 「これらの人々は誰であり、彼らはどこに埋葬され、どこに遺族がいるのか、完全に明らかにされることなく100年が経過しました。」

彼は続けた。「たとえそれが暴動であったとしても、ナチスのホロコーストの前に起こった大量虐殺をもはや無視することはできないので、市民グループは連帯を形成するようになりました」と彼は言いました。

この恐ろしい歴史の遺産を次世代に引き継がないように、私たち全員が協力する必要があります。

「関東大震災」の真相を明らかにし、名誉を回復するための特別法の推進

国民議会の和解・和解評議会の共同議長を務めた元国会議員のイ・ジョンゴル氏は、「日本には、真実を知るどころか、事実を隠蔽したり歪曲したりする動きさえある。 そうかもしれない」と指摘した。

祝辞を述べた尹美香氏と尹美香氏は、「国会の正しい歴史教育研究会では、特別法の公布のための法案が準備されている。

次に、6月15日の共同声明実施のための海外委員会、関東大震災を記念する行動、そして日本の関東大震災の際の韓国人虐殺の責任を取るよう国民に呼びかけるグループが連帯の物語を投稿した。

推進委員会の主なプロジェクトは、「特別法の公布」「大虐殺を知らせるための国際大学会議の開催」で、1923年の日韓在日市民連帯委員長のキム・ジョンス氏が委員長を務めた。 、” 99周年記念式典と100周年記念式典の共催’、’虐殺の真実を広めるための特別展’市内とツアーで開催されることが発表されました。

「特別法が制定されると、日本政府が関東大震災を指揮したことを知り、国の責任と損害賠償を正式に要求するために、政府レベルの調査委員会が結成される」とキム氏は述べた。 犯罪によって不当に被害を受けた被害者の名誉を回復し、これが再び起こらないようにするために政府レベルで記念プロジェクトを開始すること」と彼は述べた。

また、推進委員会の共同議長であり、私たちの学校と子供たちを守るための市民グループの共同代表であるソン・ミヒ、朝鮮民主主義人民共和国のキム・グァンヨル会長、キム・ギョンミン、韓国YMCA連盟事務局長、真実を知るために、北朝鮮と日本の市民社会との連帯と国際社会からの支援彼は得るために様々な活動に従事すると述べた

就任式は、労働組合連盟のキム・ウンヒョン副大統領と韓国労働組合連盟のホ・クォン副大統領による就任宣言を読んで終了した。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。