関係改善の問題、勢いの喪失…日本は大統領の承認率の低下を懸念

日本の専門家「国の承認率が下がると、敵を攻撃して結束力を高める」
「韓国は重要ですが、信頼できるものではありません…日本に対して厳しい姿勢に移行する可能性についての懸念」

尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が就任当初から目指していた日韓関係の改善は加速していない。

ユン大統領と岸田文雄首相との最初の会談として注目を集めたNATO首脳会合では、期待された二国間首脳会談は行われなかった。

日韓関係の改善に積極的に取り組んでいる韓国側とは異なり、日本政府は複雑な国内政治情勢にとらわれているようで、容易に手を組むことができない。

特に最近、ユン大統領の支持率が30%の低水準に落ち込んだことで、日韓関係を改善する原動力が弱まるのではないかとの声が注目されている。

◇岸田はトーリー党を見ている…安倍首相の死は事態をさらに複雑化させた
パク・ジン外相は18日と20日に訪日し、岸田首相との会談でユン大統領の日韓関係改善への強い意志を表明した。

韓国の外交部長官が日本の首相を妨害したのは4年ぶりのことでした。

朴首相は、予防後、記者団と会談し、「岸田首相に、日本企業が強制労働補償の問題で現金化する前に、望ましい解決策を見つけようと言った」と述べた。

岸田首相に首相間のシャトル外交を申し出た。

しかし、朴首相との会談に対する岸田首相の反応は冷淡だったと伝えられている。

朴首相との会談後、岸田首相のインタビューは18秒しか続かなかった。

[이슈 In]

岸田首相はインタビューで、「朴ジン首相から安倍首相の死去についてユン大統領の哀悼の意を表し、感謝の意を表した」と述べた。

日韓関係の問題については言及されていません。

日本のTBS放送によると、岸田首相は朴首相に対して、1965年に外交関係が樹立された時の関係に基づいて現在の問題を解決すべきであるという原則的な立場を表明した。

日本では、安倍晋三前首相の突然の死により、岸田首相が与党内の強硬派保守党にもっと注意を払うことを余儀なくされたことが指摘されている。

これは、強硬派のトーリー党で中心的な役割を果たした安倍首相が急いでおり、トーリー党が彼の保持を支持して団結しているためであり、意見を調整または管理するリーダーがいないため、説得が難しくなっている。保守派。

今月初めに行われた衆議院選挙での地滑りの勝利に基づいて政府の長を引き継ごうとしていた岸田首相には、予想外の変数が現れた。

自民党の一部の強硬派は、岸田首相が今回は朴首相と二度と会わないと主張したことが知られている。

朝日新聞は、衆議院選挙で安倍晋三前首相が亡くなった後、日韓関係の改善に前向きな姿勢をとることは困難であると報告した。 自民党)」と述べた。

NHKは、「(日本)政府は、日本企業の資産が現金化される前に、韓国側が容認できる解決策を考え出すかどうかを注意深く監視している」と述べた。

◇「重要だが信頼できない国」…尹承認率の低下による権力喪失の恐れ
日本の政治家の間では、韓国は「重要だが信頼できない国」であるという認識が広まっています。

確かに、反日強いストリークを持っていた文在寅政権は、朴槿恵政権下で署名された「慰安婦協定」を事実上取り消し、強制動員の問題を提起した。最高裁判所の判決。

日本は、これらの過去に関連する問題はすべて、1965年の日韓クレーム協定によって解決されたと信じています。

日本の政治家の一般的な見解は、57年前に署名された協定によってまとめて解決された問題を提起し、それらを問​​題にすることは、深い反日感情を刺激することによって国内支持者を動員するという政治目標である。

このため、日本では尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領の最近の人気低下が見られている。

確かに、歴代の韓国政府が承認率と集会支援グループを増やすために「日本を打ち負かした」という多くの例がありました。

文在寅政権とは異なり、尹錫淑政権は日韓関係の改善に努めているが、承認率が低すぎると逆転の可能性を排除することは難しい。 “。 。

[이슈 In]

19日から21日まで全国で18歳以上の男女1000人を対象にしたギャラップコリアの調査結果(22日)によると、ユン大統領がいい仕事をしていると答えたのは32%に過ぎなかった。 、32%だけがそれが痛いと言ったが。 60%が回答しました。

日本のジャーナリスト兼評論家である佐々木俊尚氏は20日、日本放送のラジオチャンネルに出演し、「ユン大統領の支持率は、前月の48%から33%に15ポイント低下した。 敵を作って攻撃し、内部の結束力を高めたいと考えています。

「韓国でも同様に、人気度が下がりすぎると、日本に対して和解的な態度を示したため、批判されるだろう」と付け加えた。

彼は韓国を「重要だが信頼できない国」と表現した。

文在寅政権下で5年間「反日メッセージ」に満ちた8月15日の釈放日の接近も日本にとって負担である。

米国の外交官である外交官は21日(現地時間)に、「日本側は、韓国との歴史的な紛争は、1965年の条約の調印と韓国政府への5億ドルの賠償ですでに解決されたと信じている」と述べた。 譲歩する意図がない状況からどのような解決策が生まれるかは不明です。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。