釜山観光局が本格的に海外マーケティングを開始…観光市場の再構築










釜山観光局が本格的に海外マーケティングを開始…観光市場の再構築
[파이낸셜뉴스] 釜山観光公社(釜山観光公社)は13日、釜山市との海外オフラインマーケティングを真剣に推進し、観光市場を回復し、海外の主要な市場需要に応えると発表した。

まず、釜山のインバウンド観光市場の伝統的な主要市場である日本と中国、および最近成長を遂げている主要な東南アジア諸国を対象に、ローカルマーケティングを実施します。

この日から、韓国観光公社が主催する東京、大阪、福岡などの日本で開催される韓国観光公社のイベントに参加し、観光業界関係者と今後の事業の方向性について話し合う。 、旅行業界やメディアを含みます。 釜山のインバウンド旅行代理店から主要なビジネスパートナーを見つけ、釜山の製品開発と販売促進活動について追加のビジネス交換を行います。

また、ゼロコロナ政策が維持されている中国の観光市場では、同社が運営する北京海外観光振興事務所を利用して釜山を宣伝しています。

特に、北京事務所長は、22日から3日間、中国の昆明で開催される中国国際レジャー博覧会(CITM)に出席し、国際観光都市である武山の魅力を宣伝する新しい観光コンテンツやさまざまな体験イベントを紹介します。 。

6月末に釜山への道が再開されたシンガポールでは28日、釜山限定でB2Bカンファレンスが開催されます。 約100名の地元観光業界関係者がこのイベントに参加し、釜山観光ビジネスサポートセンターの10の常駐企業との地元流通チャネルのネットワークの開発と、地元観光市場の回復のための集中的なプロモーションマーケティングをサポートします。

さらに、KACは、観光市場が回復する中、今年の後半に日本、台湾、タイ、マレーシアでオフラインのローカルイベントを計画しています。 地元企業に世界の観光産業などのネットワーク再構築に参加する機会を与えるため、来月初めにウェブサイトでの通知を通じて国ごとに参加企業を募集する。

「今年の今年の目標は、2030年の釜山世界博覧会を主催し、旅行市場を再建する環境を作ることです」と同社のイ・ジョンシル会長は語った。 海外の現地マーケティングに一緒に参加することで、現地企業の能力開発を積極的に支援していきます。

bsk730@fnnews.comレポータークォンビョンソク








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。