金泉済州40勝10勝…浦項が城南に勝つ

イ・ヨンジェとキム・ジヒョンが前半連続ゴールを決め、ミョン・ジュンジェが後半に複数ゴールを決めて金泉を制した。
「金承大2試合2得点」浦項城南が3-1で勝利

プロサッカーKリーグ1の金チョン監督は、済州ユナイテッドに10試合出場した後、勝利の歌を歌った。

金泉は前半のイ・ヨンジェとキム・ジヒョン、後半のミョン・ジュンジェがハナワンホームゲームQKリーグ1で連続ゴールを決めて済州を4-0で下した。 2022年第20節は慶尚北道金泉スポーツコンプレックスで5日開催。

それで、5月5日に江原FCにホームで1-0で勝利した後、4引き分けと5敗で遅かった金泉は、10試合でシーズン5勝目(7引き分けと8敗)を獲得し、増加しました22へのその先端。

済州との今シーズンの最初の試合で彼らが苦しんだ1-3の敗北も報われた。

一方、過去4試合で1引き分け3敗を喫した4位の済州は、30ポイント(8勝6引き分け6敗)を維持した。

最高得点を挙げたムゴサが仁川ユナイテッドを離れ、日本のJ1リーグヴィッセル神戸に加入した一方で、このゲームはまた、ジュミンギュ(済州、12ゴール)と3位のキュソンジョ(金泉、11ゴール)の間のスターターゲームでもありました。 。 目を引いた

どちらも得点できなかったものの、78分にプレーしたチョ・キュソンがイ・ヨンジェがオープニングゴールを決め、チームの勝利を助けた。

昨シーズン22ゴールの韓国人選手として5年ぶりにKリーグ1のトップスコアを獲得したジュミンギュは、5月のギムチョンとのホームゲームで今シーズン初のKリーグ1ハットトリックを記録した。 8、ジェジュに3-1で勝利。しかし、その日、私たちはチームが負けるのを見守らなければなりませんでした。

金泉が済州に4-0で勝利、わずか10試合で勝利...浦項が城南に勝つ

前半16分、キム・チョンがバランスを崩した。

権昶勲(クォン・チャンフン)が相手側の右サイドからボールを​​突き刺し、ジョ・キュソンがゴールエリアの右側に駆け寄って右足で蹴ったが、ディフェンダーを抜いて左サイドに向かった。

イ・ヨンジェの今シーズンの最初の目標でした。

そして、前半28分、ペナルティティーの右側からのジョ・ギュソンの右足シュートが済州のゴールキーパー、キム・ドンジュンに捕まり、前半32分、ジュ・ミン-ゴール前でのギュの左足ボレーシュートは金泉の守備壁でブロックされた。

そして、前半44分、キム・チョンがキム・ジヒョンの追加ゴールでさらに一歩前進した。

キム・ジヒョンは済州のペナルティエリアの左側からディフェンダーのイ・ジソルをパスし、ゴールエリアの左側にボールを打ち込み、左足で相手のゴールを開いた。

済州は前半を2ゴールで終えたが、後半14分にはキム・ジュゴンとジョナサン・リンが出場したが無駄だった。

後半24分、キム・ジュゴンの強烈な右足シュートはゴールキーパーのク・ソンユンを突き抜けることができなかった。

逆に、キム・チュンは2分後の朴相赫(パク・サンヒョク)と後半33分にジョ・キュソンに代わったミョン・ジュンジェの助けを借りてシーズンの最初のゴールを決めた。 、ゲームにくさびを入れます。

後半41分、ミョンジュンジェが済州の白旗を勝ち取り、追加ゴールを決めた。

金泉が済州に4-0で勝利、わずか10試合で勝利...浦項が城南に勝つ

浦項スティーラースは城南FCとのアウェーマッチで後半に4得点を挙げ、4-1で勝利した。

最近連続優勝を果たした浦項は、33ポイント(9勝6引き分け5敗)で3位をキープした。

城南(12得点2勝6引き分け12敗)は勝ち抜き6試合(3引き分け3敗)で、今日も順位の底を抜けて突破できなかった。

城南は前半22分にリードを奪った。

パラシオスが相手のペナルティエリアの右側を横切ったとき、ドンウン・シムはペナルティスポットからのノンストップの左足シュートでフィニッシュした。

今年の夏、Kリーグ2 FC安養を移籍市場に残し、2試合を終えて城南に移籍したシム・ドンウンは、今シーズンの最初のゴールだった。

しかし、城南はムリッチに予期せぬ怪我を負ったため、39分に李宗昊と対戦しなければならなかった。

後半はイ・ソンモ、チョン・ジェヒ、ワンデルソン、イ・ホジェが退場となり、浦項の反撃はシン・ジンホ、キム・スンデ、イム・サンヒョプ、フ・ヨンジュンから始まった。 。

後半12分、ペナルティエリア右側からのパク・スンウクのクロスにフ・ヨンジュンが頭を抱えてクロスし、試合を逆転させた。

そして後半20分、金承大がゴールエリアの右側から右足でフ・フジュンのパスを叩き、試合を振り返った。

キム・スンデは、コ・ヨンジュンの助けを借りて、32分に追加ゴールを決めた。

浦項の2-0で首位に立った金承大は、「東海岸ダービー」で蔚山現代と2点差で2得点を挙げ、2連勝を達成した。

後半47分、フ・ヨンジュンの助けを借りて、イム・サンヒョプもゴールの饗宴に加わった。

その日、フ・ヨンジュンは1ゴールと2アシストで大きな役割を果たした。

イ・ジョンホ、クー・ボンチョル、パラシオスの3シュートがゴールポストに当たった後、城南がホームで壊滅的な敗北を喫したのは後半になってからだった。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。