金利が上がれば大混乱…日本の「国債」は3カ月で13.6兆ウォンに

日本の「国債」は恐ろしい速さで増大している。

日本の財務省は10日、国債や借入金、短期国債などを合わせた国債が6月末時点で1兆2551億932億円(約12兆2700億ウォン)に達したと発表した。 3月末から数えても過去最高の13.9兆円の増加。 一人当たりの借金が史上初の1000万円を突破。 財務省は、2022 年末までに国の債務総額が 1 兆 411 億円に達する可能性があると予測しています。

日本経済(日経)は、「政府の債務は増え続けており、その予算構造は金利上昇に対して脆弱である」と強調した。 報道によると「2021年の税収は企業収益の回復により過去最高の67兆円を記録したが、新型コロナウイルス対策や高インフレで歳出は増加し続けている」。 税収が伸び、借金が増える構造。 22年度補正予算2兆7000億円は高インフレ対策も含めて赤字国債ですべて準備した。

日経は、7月1日時点の総務省の人口推計による日本の総人口(1億2484万人)に基づくと、1人当たりの借金は約1050万円と指摘。 2003 年の 550 万円と比べると、1 人あたりの額はほぼ倍増しています。

日本の債務残高は国内総生産(GDP)の2倍以上で、先進国の中で最悪の水準を記録しています。 債務対 GDP 比率が高い国のほとんどは、1 位のベネズエラを含め、開発途上国または貧困国です。 日本のような先進国では珍しい。 アメリカの国債は増え続けていますが、対GDP比は120%で日本の半分です。 日本でも警告の声が高まっています。

「日本政府の債務対 GDP 比率は、太平洋戦争終結時の水準を上回っている」と日本のエコノミスト、萱谷恵一氏は週刊現代ビジネスの記事で述べた。 経済的だ」と彼は言った。

敬一の評論家は「国債を発行し続ければ、財政破綻(あるいは極端なインフレによる通貨価値の毀損)は避けられない」と指摘。 「わかりませんが、リスクが高まっていることは明らかです。」 「もちろん、日本では金融崩壊の可​​能性はほとんどありませんが、政府による急速な利子負担は非常に深刻な問題です」と彼は言いました。

日本の長期金利を1%に引き上げるだけで、日本政府が国債保有者に支払わなければならない利子は年間10兆円にもなります。 3%に上がれば、30兆円が利息だけで支払われます。 そうなれば、政府の負担が急増し、国債を再発行して利息を支払うという悪循環が続く。 特に、日本の国家債務リスクは、インフレがエスカレートし、金利が上昇する可能性が高いため、日々増加しています。

評論家の啓一氏は「債務負担が増えすぎると日本経済が混乱に陥るのは明らかで、それだけでも国民に打撃を与える」と指摘。 . 「日本政府に残された時間はあまりない」と彼は言った。

[사진=게티이미지뱅크]


©「5 つの言語で表示されるグローバル経済日報」アジュ経済日報。 無断転載・再配布禁止

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。