野球/MLB : スポーツ : ニュース : ハンギョレ

[스포츠 통] 「完璧な男」佐々木ロキの分析
今シーズン、打者124人に対して60奪三振
成功率0.112…8人しかいない
「190cmの理想のフォルムとバランス」
左足を持ち上げるフォームの怪我の恐れの中で
千葉ロッテ球団所属、肩の保護に注目

千葉ロッテマリーンズの佐々木ロキです。 新着

2015年のプレミア12では、日本ハムファイターズに所属していた大谷翔平(LAエイジャーズ)が球団をカット。 当時代表主将だったチョン・グンウ(引退)は「スピードが速く打点が高くて速球を打つのが難しかった。 上からボールが落ちてくる感じで、決め球のフォークボールも見たことのないボールでした。 しかし、NPBでは大谷を上回ると評価された投手が登場。 米プロ野球のスカウトレポートで「今、地球上で最高の投手」と評される佐々木ロキ(21・千葉ロッテマリーンズ)が主人公。 彼のボールは、52 打率 (17 ⅓ パーフェクト ピッチング イニング) のように、本当に手に負えないものです。 彼は今シーズン、124 打者に対して 60 打者を奪った。 彼は 4 クォーターを 8 回行い、打率は .112 でした。 元日本代表投手コーチのチェ・イルオンさんは「日本人の打者はカット能力が高くてあまり打てないが、佐々木さんの球は打てる。みんな打てる」と話した。 日本最年少完全試合(NPB16回目、オリックス10回目)として存在感を示した佐々木は、平均時速160km/hの高速球と最高時速150kmのフォークボールを投げる。 スライダーとカーブも一流です。 速球投手は簡単に球を振ることができるが、佐々木はできない。 ハンギョレとの国際電話とハンギョレとの国際電話で、ソフトバンクホークスのコーチングコンサルタントであるキム・ソングンは、「ボールは速いが、コントロールが不足している. バランスの問題だ.高身長(190cm)でもバックスイングが良くフォーム良く投げられ無駄がない チェ・イルオン監督も「卒業時にはすでにバランスが取れていたと思う」高校。”

千葉ロッテマリーンズの佐々木ロキは24日、オリックス・バファローズ戦で5回裏2塁で宗雄馬を投げ、一球に速球を放った後、フォークボールでカウンターして無駄なスイングストライクを誘発した。 ヤフージャパンを攻略

千葉ロッテマリーンズの佐々木ロキは24日、オリックス・バファローズ戦で5回裏2塁で宗雄馬を投げ、一球に速球を放った後、フォークボールでカウンターして無駄なスイングストライクを誘発した。 ヤフージャパンを攻略

佐々木が最近出場した試合(24日のオリックス・バファローズ戦)での速球について、アメリカのCBSスポーツは「平均時速は時速99.5マイル(160キロ)以上、19.8キロ(50.29センチメートル)だった」と報じた。 ) 垂直ブレーキと 15.4 インチ (39.12 cm) の水平ブレーキ。これは非常に見つけにくい非常に良い組み合わせです。これはボールが速く、動きが良いことを意味します。 2020年のドラフトで、敷金1億円、年俸1600万円 大船渡高校1年生の時、すでに時速160キロで球を投げていた捕手グラブに時速163キロの球を入れた佐々木は、野球を教えてくれた父を東日本大震災で亡くしたこともあり、注目を集めていた。 佐々木さんは「父と一緒に野球の楽しさを知りました。 プロの試合で活躍していることを(亡くなった)父に見せたい。 佐々木にキスをした千葉ロッテは決して焦らなかった。 10代の佐々木が肉体的に成長していたからです。 キム・ソングンコーチ顧問は「佐々木選手は腕のスピードが速いが、そのスピードで投げると腕が持てなくなる。筋肉がついたと言わざるを得ない。高速に耐えられる腕は2年も続く」と話した。キム監督の顧問は「日本では『技術優先か体力優先か』という雰囲気があったが、今は(野球は)体が第一で、体になってから一つ一つ作っていく」と話した。日本の地元の専門家も、佐々木がフォークボールを頻繁に使用し、左足を大きく上げて投げるフォームのために怪我をするリスクがあると指摘している. 「佐々木さんの股関節と肩の関節はとても柔らかい」とのことで、佐々木さんの持っているフォームについても楽観視しています。 彼は高校で虐待を避けました。 2019年夏の甲子園地方予選の決勝進出はならなかった。大船渡京の小久保洋平監督の決断だった。 佐々木は準決勝まで435球を投げ、肘の痛みを訴えた。 佐々木が欠場したため、大船渡京は決勝で敗れ、甲子園の決勝に進めなかった。 甲子園は「夢の舞台」と称されるだけあって、当時は小久保監督の決断が大きく批判されたが、結果的には佐々木の肩をかばう機会となった。 チェ・イルオン監督は「小久保監督の知人が大学でスポーツ統計を教えているという。 そのため、10 代の体のアドバイスをたくさん聞いてきました。 千葉ロッテも小久保監督と同様、佐々木選手の肩を守ることに細心の注意を払っている。 彼は今年から毎週始めました。 17日の日本ハム戦で無失点投球を続けた佐々木が投球数(102)で退場となったのも同じ理由だ。 怪我はなかったものの、24試合終了後に一軍を追放され、蓄積された疲労を解消した。 佐々木のゼッケン番号は17。「時速170kmで投げられたらいいな」という夢が込められています。 日本プロ野球の最速記録は2016年に大谷選手が打ち立てた時速165km。 キム・ヤンヒ記者 whizzer4@hani.co.kr

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です