野球/MLB:スポーツ:ニュース:ハンギョレモバイル

千葉ロッテマリーンズの佐々木ロキ。 新着

2015プレミア12では、日本ハムファイターズのメンバーであった大谷翔平(LAアガーズ)が野球チームをカットしました。 当時代表チームのキャプテンだったチョン・グンウ(引退)は、「スピードが速く、打点が高かったため、速球を打つのが難しかった。 まるで上から落ちてきたような感じで、決め手となるフォークボールは今まで見たことのないボールでした。 しかし、日本プロ野球(NPB)では、大谷を上回ったと評価された投手が登場した。 アメリカのプロ野球のスカウトレポートで「今、地球上で最高の投手」と評されている佐々木ロキ(千葉ロッテマリーンズ)が主人公。 52打数(17⅓完璧な投球回)を含む彼のボールは、本当に手に負えないものです。 彼は今シーズン124人の打者に対して60人の打者を打ちました。 彼は8つの4分の4を持っていて、彼の打率は.112でした。 現在日本に住んでいる元代表投手チェ・イレオンは、「日本の打者は切断能力が高いので、あまり打たないが、佐々木のボールが打つ。みんなを打つ」と語った。 日本最年少のパーフェクトマッチ(16位、オリックス10位)として知られる佐々木は、平均時速160kmの高速ボールと最高時速150kmのフォークボールを投げる。スライダーとカーブも一流です。 速球投手はピッチを簡単に振ることができますが、佐々木はできません。 ハンギョレとの国際電話とハンギョレとの国際電話で、ソフトバンクホークスのキム・ソングン監督は「ボールは速いがコントロールが足りない。問題のバランスだ」と「佐々木は投手として最も理想的な形をしている」と語った。 。学校。”

千葉ロッテマリーンズの佐々木ロキは、24日、オリックス・バファローズとの5回裏2塁でユマ・スと対戦し、速球をボールに投げた後、フォークボールで対抗して無駄なスイングストライクを誘発した。 ヤフージャパンを攻略

最近出場した佐々木の速球(24日のオリックスバッファロー戦)について、US CBS Sportsは「平均速度は時速99.5マイル(160km)以上、垂直ブレーキは19.8マイル(50.29cm)」と語った。だったと15.4″(39.12cm)の水平ブレーキ。それは見つけるのが難しい本当に良い組み合わせです。それはボールが速くて動きが良いことを意味します。佐々木は2020ドラフトで最初の全体的なピックで千葉ロッテのユニフォームを着ました。デポジットは1億円、年収は1600万円。大船人高校1年生の時はすでに時速160kmでボールを投げていましたが、3年目は163でボールを入れていました。キャッチャーグローブで時速km/時。2011年の東日本大震災で、野球を教えてくれた父親を亡くした佐々木は、さらに注目を集めた。お父さんと一緒にボール遊び。 私は(亡くなった)父に、私がプロのゲームで活躍していることを示したいと思います。 佐々木にキスをした千葉ロッテは急いでいなかった。 10代の佐々木が肉体的に成長していたからです。 コーチのキム・ソングン顧問は、「佐々木の腕のスピードは速いが、そのスピードで投げると腕が耐えられない。腕の筋肉を作ったと言わざるを得ない。2年間の高速に耐えられる。キムの顧問は、「日本では、最初は 『技術第一、体力第一』の雰囲気があったが、今は(野球では)体が先になり、体になってから一つずつ作っていく。 「日本の地元の専門家も、佐々木がフォークボールを頻繁に使用することと、左足をかなり持ち上げる投球フォームによる怪我のリスクを指摘している。しかし、チェ・イレオン監督は、「フォークボールのせいではなく、投げ方が悪い」「佐々木は腰と肩の関節がとても柔らかい」と彼は言った。佐々木は高校で虐待を避けた。 2019年夏の甲子園地域予選決勝には出場しなかった。大船東京の甲子園監督の決意だった。 佐々木は準決勝まで435球を投げ、ひじの痛みを訴えた。 佐々木が不在だったため、大船東京は決勝で敗れ、甲子園の決勝に進まなかった。 甲子園は「夢のシーン」と呼ばれていることから、当時の小久保監督の決断は批判されていたが、その結果、佐々木は肩をすくめる機会となった。 崔熙燮(イリノイ)コーチは、「国保コーチの知人は大学でスポーツ統計を教えていると言われている。 だから私はティーンエイジャーのためにたくさんの体のアドバイスを聞いたのです。 千葉ロッテは、国保コーチと同様に、佐々木の肩を守ることに特別な注意を払っています。 彼は今年から毎週始めました。 17日、日本ハムとの試合で無事にシュートを続けていた佐々木が、投球数(102)で手放されたのも同じ理由だ。 怪我はなかったものの、24試合終了後、最初のチームから追放され、蓄積された倦怠感を和らげることができた。 佐々木さんのゼッケン番号は17です。「時速170kmで投げられたらいいのに」という夢が込められています。 日本プロ野球の最速スピードは時速165kmで、2016年に大谷が確立しました。千葉ロッテクラブの厳しい指導の下、佐々木は日本のプロ野球の新たな歴史を変える準備をしています。 キム・ヤンヒ、スタッフレポーターwhizzer4@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。