輸出は 6 月に 5.4% 増加して 577 億米ドルに達しました… 貿易収支赤字 – 政治ニュース | 新着

6 月の輸出は、稼働日数が減少したにもかかわらず、6 月に最高のパフォーマンスを記録しました。

上半期の輸出も上半期に最高のパフォーマンスを示しましたが、上半期の貿易収支はエネルギーと商品価格の高騰により赤字を避けることができませんでした。

産業資源部が1日に発表した「6月と2022年上半期の輸出入動向」によると、先月の輸出額は577億3000万ドルで、6月最高の5.4倍増加した。前年比%。 輸入は 19.4% 増加して 602 億ドルになりました。 貿易収支は、エネルギー原料価格の上昇で24億7000万ドルの赤字で、3カ月連続の赤字が続いた。

コンテナでいっぱいの釜山港のシンソンデ埠頭の風景。 (写真=著作権者 (c)聯合ニュース、無断転載・再配布禁止)

輸出の伸び率は、1 月が 15.5%、2 月が 20.8%、3 月が 18.8%、4 月が 12.9%、5 月が 21.3%、6 月が 5.4% である。 そんな中、先月の輸出は6月史上最高となり、上半期の輸出(3503億ドル)は上半期最高の業績を叩き出した。。 この期間中、1 日あたりの平均輸出額も過去最高の 26 億 2000 万ドルに達しました。

品目別では、船舶を除く上位15品目中14品目が上昇した一方で、半導体、鉄鋼、石油製品、バイオ、二次電池が上半期歴代1位。

地域別では、ロシア・ウクライナ戦争の影響を受けた独立国家共同体(CIS)を除く主要8地域が増加し、このうち中国、ASEAN、米国、欧州連合(EU)の4大市場、インドは歴史の前半で1位にランクされました。

しかし、最近の貿易収支の悪化は他の主要国でも同様であり、日本、フランス、イタリアも貿易赤字に陥っており、輸入が輸出よりも速いペースで伸びています。

上半期の輸入額は 3,606 億ドルに達しました。 石油、ガス、石炭などのエネルギーの輸入は、昨年の同時期と比較して87.5%急増した。 同省は、原材料インフレ(インフレ)で鉄鋼や非鉄金属の輸入が増加する中、最近輸入が増加している農産物も赤字の一因となっていると説明した。

特に、昨年6月以降、輸入の伸び率が13カ月連続で輸出の伸び率を上回っており、懸念が高まっている。

李昌陽(イ・チャンヤン)商工資源部長官は、「露武戦争やコロナ感染拡大による中国都市封鎖などの厳しい外的状況にもかかわらず、今年上半期の輸出は首位に立っている」と述べた。半年輸出の歴史の中で、6月の1日の平均輸出量は2桁増加した」と通商産業農務部長官は述べた。 輸出は増加基調を維持しつつ、20ヶ月連続でプラスを達成。 」

「エネルギー価格の高騰による輸入の急増で赤字が相次ぐ中、世界経済の成長鈍化やサプライチェーンの不安定化など貿易の不確実性が深刻化する深刻な状況にある。 ” 彼は言った。 意識を持って輸出活力を高めるために全力を尽くさなければならない」と語った。

お問い合わせ:産業通商資源部(044-203-4047)

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です