輸入エネルギー価格が急騰…日本:貿易赤字は10カ月ぶり

日本の貿易赤字は、国際エネルギー価格の急騰を受けて 10 か月連続で続いています。 赤字も過去2番目に大きい。 巨額の貿易赤字は、インフレと円安を助長します。 アナリストは、日銀が「単独で金融緩和」を追求するのは難しいと述べています。

日本の財務省は16日、5月の貿易収支が2兆3847億円(約22兆8100億ウォン)の赤字を記録したと暫定的に発表した。 これは、統計的な比較が可能な 1979 年以来 2 番目に大きな赤字です。 最大の月間赤字は 2014 年 1 月に記録された 2,795.1 兆円でした。

エネルギー価格の高騰と急激な円安


日本の貿易収支は昨年8月から10カ月連続で赤字。 国際エネルギー価格の高騰で輸入が拡大し、円安で赤字が拡大するパターンが強まりつつある。

5 月の日本のエネルギー輸入は 9 兆 6,367 億円で、3 か月連続で過去最高を記録しました。 これは、昨年の同時期と比較して 48.9% の増加です。 最大の貿易相手国である中国との貿易赤字は6078億円で、前年同期比211%増。 主な輸出品である自動車の輸出は、半導体の不足により36.3%減少した。

日本は対中貿易赤字で14ヶ月。 韓国との貿易黒字は1603億円で、35.1%増加した。

専門家は、エネルギー価格の上昇と円安により、日本の貿易赤字は当面続くと予測している。 貿易赤字が続く中、日銀の懸念は深まっている。 日銀は17日に金融政策決定会合を開き、金融政策の方向性を決めた。

利上げを急いでいる米国、欧州連合、英国などの主要国の中央銀行とは異なり、日本はマイナス金利の政策に固執しています。 日本経済は、新型コロナウイルス感染症の影響からの回復が主要国の中で最も遅くなっています。 国際通貨基金 (IMF) は、今年の日本の経済成長率を 2.4% と予測しています。 1月予想から0.9ポイント引き下げた。 EU と中国は、それぞれ 2.8% と 4.4% で日本を追い抜いています。

円は益より害の方が大きい

主要国との金利差が広がると円安が加速する。 1ドル=24日は113.48円、15日は135.53円と24年ぶりの安値。 円は半年で19.4%下落した。 これは主要通貨の中で最大の下落です。

にもかかわらず、日銀の黒田博彦総裁は「円は日本経済全体にとってプラスだ」との発言を繰り返した。 輸出大企業の業績改善の効果は、円による損失よりも大きい。

しかし、4月の日本の輸入物価は過去最高の44.6%上昇したものの、円安による損失が利益を上回りました。 輸入物価の上昇を受けて、4月の物価上昇率は前年同期比2.1%まで急上昇した。 日銀の目標である2%を超えた。 賃金は横ばいだったが、インフレ率が急激に上昇したため、4 月の実質賃金は 1.2% 低下した。

中小企業の有力な会員である日本経済協会が6月に実施したビジネスリーダーを対象とした調査では、回答者の7割以上が「円安は日本にとってマイナス」と回答した。 . 経済’。

円安は、日本経済の利益計算式が機能しなくなることを意味します。 大和総研は、円が10%、つまり第1四半期に116.2円下落した場合、今年の実質国内総生産(GDP)は0.05%減少すると予測しました。

日本政府は来月10日に国会(衆議院)選挙を控えており、無視できない状況です。 黒田知事は13日の衆議院予算委員会で「円高は景気にマイナスで、企業の事業計画が立てにくい」との見解を示した。 これは「円は日本経済全体にとってプラス」という見方の修正です。

日本の金融市場は、日銀が 17 日の会合で金融緩和政策を修正しなければ、円は 140 円台まで下落すると予想している。

東京=ヨンヒョジョン特派員hugh@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。