赤字は罪ですか? – Paxnetからのお知らせ

[팍스넷뉴스 최홍기 기자] 「赤字は罪」

日本で最も成功した企業の 1 つと考えられている電子部品メーカーである日本コンピュータの社長である永守重信は、常にこのことを指摘してきました。 つまり、経営において利益を上げられない企業は、損失を回避することを何よりも優先しなければならないということです。 営利を追求するグループとして、これは赤字よりも悪いことは何もないことを意味すると解釈することもできます。

最近、製薬会社やバイオ企業は、新薬に関連する研究開発に数千億ドルを投資しています。 付加価値や将来の成長を生み出す原動力として、新薬ほど競争力のある分野はないという意見だ。 これは、新薬の開発よりも、ジェネリック(後発医薬品)などのいわゆる「安易な事業」から脱却する、製薬会社のような動きと見ることができる。

しかし、最近の新薬の研究開発ブームにより、バイオ医薬品企業の業績は低迷しています。 製薬会社の利益の減少に加えて、一部のバイオ企業は、初期のインフラ拡張の性質により損失に直面しています。 医薬品事業に加え、健康機能食品事業や医療機器事業など、事業ポートフォリオを多角化した企業が好調。 しかし、ここで興味深いのは、これらの企業の姿勢です。 将来への投資なので、当面の悲観や損失にも耐えることができます。 これは、どこかでよく耳にする「計画赤字」と呼ばれるものです。

国営製薬会社の関係者は、「この業績不振は、研究開発の割合が増加したことによる十分に予想される結果である」と語った。

偶然にも、新薬を世界に紹介するためには、ハードワークの時間が必要です。 天文学的なコストも問題ですが、少なくとも数年はかかりますし、新薬候補を迅速に発見することさえ容易ではありません。 発見されて臨床試験など次の段階に進んだとしても、安心するには時期尚早です。 新薬が単独で出現する可能性はわずか 5% です。 数千億ウォンを投じても、最終的には炎上する可能性も否定できない。 これは、国内のバイオ医薬品企業の新薬開発数がわずか34にとどまっていることと無関係ではありません。

もしそうなら、これらの企業は彼らの不振のせいにすることはできませんか? 彼らの赤字を罪と見ることはできないのでしょうか? 将来への投資を呪うことはできませんが、ギャンブルではなくギャンブルをしているこれらの企業を閉鎖する権利があるかどうかについてもためらっています.

ジレンマではなく、ジレンマですが、個人的には、開発環境が容易ではなかった韓国の製薬・バイオ企業が、損失を被りながらも勇気を持って新薬を開発したことを高く評価したいと思います。 計画赤字が計画罪にならないように、短期的な「イノベーション」には、長期的な「パフォーマンス」のための短期的な「イノベーション」が必然的に伴うことを望んでいます。

ⓒ新しい目で市場を見る。 Paxnet News の無断配布は禁止されています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。