茨城県、日本ゴルフオンラインビジネスコンサルティングが無事に完了-ジャパンツーリズムニュース


日本の首都圏の北東部に位置し、首都圏の代表的なゴルフ観光地として知られる茨城県は、韓国で全国ゴルフ業界向けの「茨城県ゴルフビジネス協議会2022」を開催しました。 3月16日にソウルのホテルで、韓国のゴルフツアーを誘致することを本格的に決定した。

今回のカンファレンスは、茨城県のゴルフ場を紹介するセミナーで、韓国と茨城県をオンラインビデオ会議システムで結ぶ114のゴルフコースがあり、日本ゴルフツアーの新製品を迅速に作成することを目的としています。ポストコロナウイルス後のステージと直接製品作成のためのビジネス会議が同時に開催されました。

会議は▲PGM石岡ゴルフクラブジャックニクラウスゴルフコース▲スパ&ゴルフリゾートくじ▲韓国のゴルフツーリストを魅了するボボスカントリークラブ(クラブくじがわコース)▲イバラキ県の4つのゴルフコースに参加マナゴルフクラブ、ELツアー、ツアー2000、トラベルシンファエンツアー、ミソツアーなど。 韓国のゴルフ旅行代理店幹部との本格的な商品構成の詳細商談が行われている。

会議に出席したトラベル神話エンツアーのチャン・シク・カン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。 韓国のゴルフツアーを積極的に魅了する地元のゴルフコースがたくさんあるので、高品質の製品と競争力のある価格を用意します。

会議では茨城県のゴルフツアー推進支援制度も発表され、注目を集めました。

茨城県の宿泊・旅行に必要なバスの運行にかかる費用の半分(最大11万円)を補助金で支給します。宿泊してゴルフ場を含む4つ以上の観光施設(2エリア以上5つの地域)、あなたはコーチングから利益を得ることができます。

茨城県の国際観光課長の小林典子氏は、「補助金制度は2022年4月以降に延長され、施設訪問の条件を緩和し、補助金の額を調整することで利益が拡大する」と述べた。

このゴルフビジネスカンファレンスに先立ち、茨城県は2020年11月に国内ゴルフ旅行業界とゴルフメディア向けに茨城県ゴルフウェビナーを開催し、昨年11月にキンテックスエキシビションセンター1で開催された2021年旅行のフェアに参加しました。 韓国でゴルフの認知度を高めるためのプロモーションを実施する。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。