自民党と世界平和統一家庭連合の関係は、WSJ阿部の死に注意を払っている…反共産主義のための協力

「統一教会、影響力のある人物との長期的な交流」…両方の機関は近接理論を否定しました。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、元日本の首相を殺害した容疑者の母親が知られるようになったため、与党の自民党と統一教会との間の長年の反共主義関係が長く続いたと報じた。安倍晋三氏は、14日(現地時間)の報告によると、世界平和統一家庭連合(統一教会)のメンバーでした。

報告書によると、日本では宗教団体が合法的に政治的影響力を行使することはできないが、1957年から1960年まで安倍前首相と首相の母方の祖父である岸信介は大統領の反共産主義活動を支持した。 。

1968年、統一教会は「共産主義は間違っている」というスローガンを掲げて国際勝利連立を結成しました。

国際勝共連合のウェブサイトによると、文在寅大統領は常に「共産主義者が世界から姿を消すまで、勝利の旗(勝共)を下げないようにしよう」と言ってきました。

「統一教会は野心的な宗教であるため、権力者に好意を示し、その権利のために自民党と緊密な関係を維持しようとしました」と、関係を調査しているノースカロライナ大学のリーバイ・マクロフリン教授は述べました。 日本の政治と宗教の間。

WSJは、統一教会が安倍前首相の家族や他の影響力のある自民党の人物と交流したことを指摘した。

彼はまた、1974年に自民党の主要メンバーである福田赳夫が文在寅大統領を「アジアの最も偉大な指導者の一人」と呼んだときに逸話を紹介した。

歴史家のリチャード・サミュエルズによれば、日本の統一教会の会員数は1970年代以降韓国を上回り、自民党で無料で働いていた人もいます。

WSJは、統一教会が1990年代に日本に別の組織、世界平和連盟を設立し、セミナーや出版物を通じて政界に働きかけたと説明した。

世界平和連盟のウェブサイトを見ると、この組織は国際スンゴン連盟の姉妹グループです。

また、日本が目指すべき目標として、「防衛力のある国」、「家族の力のある国」、「貢献の力のある国」を紹介した。

防衛強化は自民党が推進する主要な政策であり、「家族」は世界平和統一家庭連合が重視する言葉です。

WSJは、「世界平和連盟が発行する月刊誌 『世界思想』の購読者約6,000人のうち、300人が政治家であり、その多くが自民党の著名人である」と指摘した。

しかし、WSJは、自民党と統一教会の両方が、関係が緊密であるという考えを否定したと報告した。

自民党の関係者は、「党と統一教会の関係については知らない」と述べた。

統一教会はまた、次のように説明した。「安倍前首相は統一教会の会員でも顧問でもなかった。 信者は自民党候補を支持するかもしれないが、統一教会は一部の政治家を助けていない。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。