自動車業界がビッグデータの収集に熱心な理由

現代自動車グループ、トヨタ、フォードなどの世界的な自動車メーカーは、ビッグデータの保護に努めています。 独自のオペレーティングシステムを構築することで、データの競争力を高めます。

これまでのところ、ビッグデータ収集はITおよび小売セクターに焦点を合わせてきました。 自動車メーカーでさえビッグデータに注目しているのはなぜですか? 詳細については、現代自動車グループのデータを参考にした。

ビッグデータによる生産性の計算

自動車産業がデジタル変革を遂げている分野は、生産、製品、流通に大きく分けることができます。 情報通信技術、各種センサー、人工知能技術の発達により、自動車のデジタル化だけでなく、製造・販売の全過程でデジタル化が進んでいるとのことです。

シンガポールの現代モーターグループイノベーションセンター(HMGICS)がその代表的な例です。 HMGICSは、ビッグデータに基づいて消費者の選択と需要を予測することで生産を調整するスマートファクトリーです。 同じ車種を一本で製造するのではなく、お客様の好みや部品供給状況を考慮して柔軟に生産することができます。

現代自動車グループのHMGICS/写真=現代自動車グループ提供

米国の自動車メーカーであるフォードは、IT企業のグーグルと提携してデジタルイノベーションに向けて準備を進めています。 2023年以降、同社はGoogleのクラウドと人工知能技術を使用して、製品開発、製造と組み立てのプロセス、およびサプライチェーンを改善することを計画しています。 Fordは、Googleとのコラボレーションによるデジタルトランスフォーメーションが、プラントの運用と生産効率を最大化する改善ソリューションになることを期待しています。

自動運転、重要なビッグデータ収集

自動運転の場合でも、データ収集は不可欠です。 実際、私たちが持っている道路運転データが多ければ多いほど、運転はより安全になり、さまざまな変数に反応する能力が高まります。 データ量が増えると、運転精度が向上します。 したがって、可能な限り多くのデータを保護することが、自動運転技術の鍵となります。

電気自動車メーカーのテスラは、車に取り付けられたカメラを介して、運転習慣や予期しない状況に関するデータを収集します。 これにより得られた走行距離データは、51億マイル(82億km)を超えたと言われています。 これは、Alphabet(Googleの親会社)の自動運転車事業であるWaymoが獲得した2,000万マイルをはるかに超えています。

ゼネラルモーターズ(GM)は、自動運転車の商業化を加速するために、今年初めにIT企業であるマイクロソフト(MS)と長期的な戦略的パートナーシップを締結しました。 主な戦略は、Microsoftのクラウドサービス、Azure、エンジニアリングテクノロジーを使用することです。 マイクロソフトが構築したインフラストラクチャにより、自動運転データが安全になり、より安全な運転が可能になることが期待されます。

現代自動車グループは、データ労働力を強化しながら、関連するインフラストラクチャを構築しています。 2017年に中国で最初の海外ビッグデータセンターを建設した後、同社はソフトウェアの競争力を向上させることを目的として、2030年にビッグデータセンターを建設する予定です。

現代自動車グループの関係者は、「ソウルのサンガムと江南で自動運転タクシーを運行し、自動運転の技術データを確保している。データ収集のためだ」と語った。

Ioniq5をベースにしたロボットタクシー/写真=現代自動車提供

独自のオペレーティングシステムの開発

自動車メーカーは、電動駆動列と高度な利便性仕様を最適化する独自のオペレーティングシステム(OS)も開発しています。

自動車メーカーが独自のオペレーティングシステムを使用する理由は、データの競争力を確保するためです。 これは、他の協力企業の技術ではなく、独自のオペレーティングシステムを介してデータを取得できるためです。 高品質のオペレーティングシステムは、他のビジネスへの供給や付加価値の創出など、業界の優位性を確保するのにも役立ちます。

トヨタは、自動運転をサポートするオペレーティングシステムを独自に開発しており、2025年の発売を目指しています。フォルクスワーゲンとダイムラーも、2024年を目標に独自のオペレーティングシステムの開発を推進しています。

特にトヨタの場合、開発が完了すると、子会社だけでなく、他の日本車ブランドにも供給されることが知られています。 現代自動車などのグローバル自動車メーカーが日本市場をターゲットにしている時代に、オペレーティングシステムの競争力を通じて地位を確固たるものにしようとしていると解釈されます。

現代自動車グループは、オペレーティングシステムの変化に迅速に対応することで、コネクテッドカーのエコシステムを構築しました。 現在、独立したコネクテッドカーオペレーティングシステム(ccOS)が開発され、適用されています。

2019年には、拡張現実(AR)、ナビゲーション、車載支払い、ccOSに基づく手書き認識などの機能を備えたプレミアムインフォテインメントシステムを導入しました。 昨年、ジェネシス初の専用電気自動車であるGV60を通じて、最新のccOSベースのインフォテインメントシステムを発表しました。

現代自動車グループの関係者は、「コネクテッドカーは、運転中にリアルタイムの交通情報、ニュース、スポーツなどの外部情報に接続することで、乗員に最適な運転体験を提供する必要がある」と述べた。 私たちは、テクノロジーを所有するNvidiaと協力して、テクノロジーの開発と適用を行っています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です