能楽日本、復讐の旅がやってくる…この夏の「日本旅行」爆発の兆し

絵の説明北海道の小樽運河。 [사진 출처 = 롯데관광개발]

日本政府が韓国に入国する人々の検疫措置を解除する動きを見せているため、日本への航空券の需要が急増しています。 観光目的での入国はまだ許可されていないが、能ジャパン(日本物産不買運動)やコロナ19で停滞していた日本への道が約4年ぶりに開通するなど雰囲気は一段と高まっている。

関連業界によると、25日、日本行きの航空券の需要が最近急増している。 インターパークツアーによると、16日から21日までの訪日旅行の予約数は、前週(9日から14日まで)と比べて139%増加した。 主要地域別では、成田173%、大阪163%、羽田123%、福岡52%で増加。

インターパークの米州・日本航空本部のチームリーダーであるヒョンジュ・リー氏は、「無料入国ビザの議論が適切に行われなかったにもかかわらず、多くの顧客が日本での旅行予約に殺到している。 大幅な増加を期待している」と述べた。 言った。 日本は来月から、入国の可能性が低い国や地域からの観光客の受け入れを決定したことが知られています。

旅行業界は熱狂を隠せない。 実際、日本は、2019年にNo Japan運動が始まるまで、海外の韓国人旅行者の間で圧倒的に人気のある地域として選ばれていました.いわゆる「リベンジ旅行」を望む人がますます増えています。

大手旅行会社はすでに関連商品を準備している。 ハナツアー、モードツアー、ロッテ観光開発はいち早く北海道(北海道)へのチャーター便を就航させ、ベリーグッドトラベルは約3年で航空路の正常化を踏まえた旅行商品の販売を開始した。

国内の旅行業界関係者は「韓国で感染症が近づき、反日感情が徐々に弱まるにつれ、日本への旅行需要は再び急増する見通しだ」と述べた。

一方、韓国空港公社によると、金浦・羽田スカイロードが韓国と日本の玄関口として来月初めに開通する。 金浦・羽田道路は、コロナ19感染拡大前に年間255万人が利用した、韓国と日本の首都を結ぶ象徴的な道路です。 路線の運用が再開されると、16 便が 2 つの空港を週 8 回往復し、再開は来月 1 日から 8 日の間に予定されています。

[이하린 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。