経済格差は依然、韓国は日本の44自治体よりも多くの最低賃金を稼いでいる

今年の国内最低賃金(9160ウォン、約960円)は、すでに全国平均の日本の最低賃金930円(約8875ウォン)を上回っている。 トヨタ自動車など大手メーカーが集積する愛知県(955円)、東京に隣接するサービス拠点の千葉県(953円)、世界有数の観光地である京都(937円)も足元に。 . 日本の47自治体のうち、最低賃金が韓国より高いのは東京都、神奈川県、大阪府のみ。 これは過去5年間で41.5%増加した結果であり、最低賃金の引き上げは文在寅(ムン・ジェイン)政権の「収入主導の成長」の重要な部分として挙げられている。 また、経済が進んでいる日本よりも最低賃金が高くなることも懸念されます。


最低賃金だけが「極限日」

日本の厚生労働省によると、昨年10月から今年9月までの1年間に適用される東京都の最低賃金は19日、1041円(約9930ウォン)。 全国47自治体(都道府県・都道府県)の中では群を抜いて高い。 東京の最低賃金でさえ、韓国のフリーランサーや中小企業にとっては高くないようです。 労働者社会の要求の3分の1(1万1860ウォン、29.5%増)だけが来年の最低賃金に反映されても、韓国全体は物理的にも名目上も東京よりも高くなるだろう。 日本の最低賃金が「極限労働」の対象となり、韓国で最初に取り上げられた。

韓国と日本の間の最低賃金の逆転は、日本経済の「失われた30年」の間の急激な円安に広く起因している. しかし何よりも、過去5年間の全国最低賃金の累積上昇率は41.5%で、日本(13%)の3倍以上の速さであり、決定的な影響を与えています。 韓国の最低賃金上昇率は、上位 7 カ国 (G7) の最大 7.4 倍です。

その結果、韓国の現在の最低賃金はすでに日本で 4 番目に高い水準に達しています。 高知県と沖縄県の最低賃金(820円、約7823ウォン)より1300ウォン以上高い。 情報通信技術(ICT)など一部の製造分野では韓国が日本より先行しているケースもあるが、韓国の最低賃金が過大であると指摘するのは当然だ。 国際通貨基金 (IMF) によると、2021 年の日本の 1 人あたりの国内総生産 (GDP) は 40,704 ドルで、世界第 26 位です。 韓国は $35,196 で 29 位でした。 日本経済は減速していますが、日本の所得は依然として高く、5,000ドル近くです。

問題は、経済力との関係で高すぎる「不可能な最低賃金」の現象が解決されず、激化することです。 韓国中小企業総連合会によると、韓国の最低賃金は賃金中央値の 61.2% であり、G7 平均 (49.2%) や国連平均よりも大幅に高い経済協力開発 (OECD) ( 55.2%)。 %)。 OECD によると、韓国の労働生産性は時給 41.8 ドルで、米国 (73.4 ドル) やドイツ (66.9 ドル) よりも大幅に低く、OECD の平均 (54.0 ドル) や日本 (48.0 ドル) よりも低い。 最低賃金委員会は、「2015年の労働生産性と最低賃金を100とすると、2021年の労働生産性は110.7、最低賃金は156.3になる」と述べた。 最低賃金に加え、文在寅政権が急遽引き上げた4大保険料や、公休日の有給休暇制度なども、企業が労働力増の影響をより一層感じる要因となっている。

成長を抑える最低賃金

経済成長率と最低賃金の上昇率の不一致も統計に反映されています。 中でも、生産性が上がらない状況での最低賃金の不当な引き上げは、人件費の占める割合が高い中小企業(SME)産業への影響が大きいと分析されています。 売上に対する人件費の比率は、大企業で 9.87%、中小企業で 17.79% です。

多くの企業は、現在の最低賃金を支払うのに苦労しています。 韓国経営者総連合会によると、2021 年には 321 万 5000 人の労働者が最低賃金を受け取れず、労働者の 15.3% を全労働者の賃金で割ると最低賃金を下回っています。 最低賃金を下回る人の割合は、2001 年の 4.3% から 20 年ぶりに 11 ポイントも跳ね上がりました。 日本(2%)、英国(1.4%)、米国(1.2%)で有意に高くなっています。

最低賃金の引き上げは、低所得層の雇用の減少にもつながっています。 統計庁によると、2021 年には、従業員がいる自営業者は 2018 年に比べて 34 万 4000 人減少し、従業員を持たない「孤独なボス」は 21 万 9000 人増加した。社長協は、「週休手当と4大保険料を合わせると、実際の最低賃金は1万2000ウォンに達する」と話した。 それだけ削減できる」と語った。

大韓中小企業総連合会のヤン・オクソク労働政策部長は「最低賃金の過度な引き上げで物価が上昇すれば、賃金と賃金の悪循環が懸念される。価格は相互に上昇します。

ジャーナリスト ミン・ギョンジン/アン・デギュ min@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です