米国務省が日本の戦略を発表…「日米同盟の強化、日米三角協力の強化」

米国務省は、日米同盟の近代化や日米間の三角協力の強化など、今後4年間の在日米国大使館の目標と戦略を明らかにした。 彼はまた、日米は国際秩序を弱体化させ、朝鮮半島の非核化を進展させようとする中国の試みに対応すべきだと述べた。 特派員のチョ・ウンジョンによる報告。

米国国務省は、最近発表された「統一国家戦略:日本」において、日米同盟の近代化を強調している。

統合国家戦略は、各国の米国の任務が焦点を当てるべき4年間の目標を概説しています。

統一国家戦略は、第一の目的として「インド太平洋戦略と地域安全保障を支援するための同盟(日米)の近代化」を提示した。

[통합국가전략] 「近代化とグローバリゼーションというアライアンスの戦略目標を推進し、戦略的競争の新時代に必要な役割、使命、能力を再定義します。 米国の防衛と安全保障および外交協力に対する日本の支援を強化する」

具体的には、「同盟の近代化とグローバリゼーションの戦略目標を推進し、戦略的競争の新時代に必要な役割、使命、能力を再定義する」と述べた。

この目標についてさらに詳しく述べ、日米同盟は現在「冷戦後のモデルに多くの点で立ち往生している」、「この地域では戦略的状況認識が不十分であり、新たな脅威がある」と述べた。

日米が原則として同盟関係を近代化したいとしても、双方のビジョンが明確でなければ、目標を一致させることは難しいだろうと彼は指摘した。

したがって、彼は、米国政府部門は、同盟国である日本に何を期待するかを一貫して定義する必要があると述べた。

中国との戦略的競争の際、米国は日米が諜報能力を向上させ、日本の自衛隊の役割、使命、能力を拡大し、日本の防衛予算を将来の脅威に集中させるのを支援しなければならない。

さらに、日米同盟は、他の米国の同盟国である北大西洋条約機構(NATO)や韓国とより緊密な関係を築くことにより、互いに支え合うことができるはずだと述べた。

統一された国家戦略はまた、「規範に基づく国際秩序を促進し、既存の外交的枠組みと防衛協力メカニズムを使用して世界的協力を拡大する」という目標を設定した。

この点で、日米は同盟の力を利用して、インド太平洋地域、すなわち米国、日本、オーストラリア、インドの四重安全保障協力(QUAD)と米国の外交的枠組みを強化する。 政府の最大の関心事の一つである「ASEANの中心性」を確認しなければならないと述べた。

日米は、強制行動や規範に基づく国際秩序を弱体化させようとする中国の試みに対抗し、朝鮮半島の非核化を推進するために、地域の抑止力を強化し、平和と安定を維持するために協力しなければならない。

統一国家戦略2017-2021で提示された「北朝鮮の非核化のための二国間および多国間協力の強化」の目的は削除された。

当時、同文書は、「日本政府が北朝鮮に対する国際的な圧力キャンペーンを引き続き全面的に支援することを確実にしなければならない。

日本の岸田文雄首相は、昨年11月にスコットランドで開催された気候変動会議でスピーチを行いました。

「強力な経済成長の促進…気候変動とクリーンエネルギーに関する協力」

統一国家戦略は、第二の目標として「米国の繁栄と経済的安定の促進」として挙げられ、日米のより強力で幅広い成長を促進すると述べた。

以前の戦略と比較して、気候変動への共同対応とクリーンエネルギー技術の開発が追加されました。

また、日米の協力は、5G、第5世代無線ネットワーク技術、量子情報科学、バイオテクノロジー、人工知能の分野で新技術を開発し、国際標準を設定するための鍵であるとも述べました。

さらに、統一された国家戦略は、日本の政策を、安全保障、経済、および国際協力を支援する長期的な米国の政策目標と整合させるという目標を提示した。

VOANewsのJoEun-jungです。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。