米国は月に宇宙飛行士を着陸させることを提案しています…韓国と米国の宇宙協力は協力拡大声明に限定されています:Dong-A Science

尹錫淳(ユン・ソクヨル)大統領とジョー・バイデン(ジョー・バイデン)大統領は、21日、ソウルの龍山にある大統領府講堂で開かれた米韓合同記者会見でお互いを見つめている。

ジョー・バイデン米大統領は、21日の訪韓中に開かれた韓米首脳会談で、宇宙協力のあらゆる分野で韓米同盟を強化する意欲を示した。これは、米国の有人月面探査プログラムの成功のための共同研究である。 「アルテミス」、韓国式衛星航法システム(KPS)の開発支援、日米プライベートスペース対話。

3日2泊で日本に飛んだバイデン大統領は、日米首脳会談を行った。 2日後の23日、両国はアルテミスの協力を得て、日本の宇宙飛行士が月に着陸する宇宙飛行士になるための関連プロジェクトの推進に取り組むことに合意したと報じられた。

表面的には、米国はアルテミスに参加している韓国と日本と宇宙開発に協力する意欲を積極的に示しているように思われる。

しかし、すでに進行中の宇宙開発協力プロジェクト以外に韓国との特別な協力プロジェクトがなかったときに、「日本の宇宙飛行士」というキーワードを新たに導入した点で日本とは異なります。 一部のアナリストは、アルテミスが日本に月に着陸する宇宙飛行士としての席を与えたので、日米間の宇宙開発協力はあらゆる方向に関連していると示唆している。

ある国家専門家は、「月面着陸宇宙飛行士協力プロジェクトは、宇宙開発協力における一種の「火の点」と見なすことができます。 私たちはそれに焦点を合わせており、そのような緊密な協力に基づいて、宇宙飛行士の提案を行うことができたはずです。

韓米サミットでは、共同宇宙探査研究の活性化、韓国式航法衛星システム(KPS)の開発支援、第3回韓国民間宇宙対話-米国、宇宙政策対話を行う提案がなされた。しかし、それはすでに進行中の共同プロジェクトを再開すること、または中断された私的空間についての対話の問題にすぎませんでした。

彼は宇宙探査に関する共同研究などの包括的な協力の拡大を発表したが、米国主導のアルテミスにおける韓国の役割を決定するための詳細な議論がないことを指摘する人もいる。 別の韓国の宇宙探査専門家は、「韓国がどのような貢献をすることができ、アルテミスからどのような利益を得るかについての詳細な戦略がないため、新しい特定の協力プロジェクトを提案することは不可能である」と述べた。

この点に関するいくつかの報告によると、日米首脳会談に続いて、経済安全保障長官、科学技術長官、産業政策長官が米国を訪問し、来月、経済と安全保障とサミットで議論された宇宙開発協力に関する詳細な議論を続けます。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。