米国は日本への150発の空対空ミサイルの販売を承認する…専門家「中国と北朝鮮からの脅威への対応」

米国国務省は、150発の米国中距離空対空ミサイルの日本への販売を承認しました。 F-35戦闘機に搭載できるこれらのミサイルの日本による購入は、北朝鮮と中国からの脅威への対応として解釈されます。 記者パク・スンヒョクによる報告。

米軍協力庁は25日、米国務省が150基の次世代中距離空対空ミサイル(AMRAAM)と空中迎撃装置を2億9,300万ドルで日本に売却することを承認したと発表した。 、米軍協力庁は言った。

米軍協力庁によると、今回日本が購入するアムラムモデルは、F-35、F-2、F-15Jなどの日本の戦闘機に搭載できるという。

AMRAMは、アクティブなレーダー追跡空対空ミサイルとして、ミサイル自体に追跡レーダーを装備しており、攻撃が発生した場合に最大32kmの範囲で敵の航空機を撃墜することができます。 。

軍事協力庁はプレスリリースで、「この取引は、アジア太平洋地域の政治的安定と経済発展の主要な推進力である重要な同盟国の安全を強化することにより、米国の外交政策と国家安全保障の目的を支援する」と述べた。

[미 군사협력청] この提案された売却は、アジア太平洋地域の政治的安定と経済発展の力である主要な同盟国の安全を強化することにより、米国の外交政策と国家安全保障の目的をサポートします。 提案された売却は、日本の祖国とそこに駐留するアメリカ人の要員を守ることにより、現在および将来の脅威に対応する日本の能力を向上させるでしょう。

「日本本土とそこに駐留しているアメリカ兵を守ることで、現在および将来の脅威から彼らを守る」と彼は付け加えた。

日本のアムラムミサイルの大量購入は、北朝鮮のミサイルの脅威と北朝鮮と中国の空軍への対応として解釈されます。

元米海軍戦闘機パイロットの元国防長官補佐官ローレンス・コブ氏は26日、VOAに対し、日本のミサイル購入は中国の軍事力増強と北朝鮮に対する深刻な懸念の兆候であると語った。

[녹취: 로렌스 코브 전 미 국방부 차관보] 彼らが言っていることは、彼らが中国と北朝鮮の軍事力増強について非常に心配しているということです。 したがって、彼らは自分自身を守るための措置を講じます。

コブ元副長官は、したがって、日本は自らを守るための措置を講じると述べた。

VOANewsのParkSeung-hyukです。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。