米国、韓国、日本は、北朝鮮などの未解決の問題を議論するために外相の三国間会合を開催します

米国、韓国、日本は、G20外相会議の際に外相の三国間会合を開催し、北朝鮮などの話題の問題について話し合った。 彼らは北朝鮮の核実験やその他の挑発に応えて三国協力の政策を実行したと言われています。 記者ハム・ジハが報告します。

トニー・ブリンカーン米国務長官は、朴振外相と林芳正外相との三者会談で会談した。

3人の大臣はインドネシアのバリ州で会合し、現地時間8日にG20外相会議が開かれ、北朝鮮を含む様々な問題について話し合った。

日韓外相会談は、2月にハワイで開催されてから5ヶ月ぶり​​。

安倍晋三元首相の死去により、会議は予想より少し遅れて始まった。

ブリンカーン氏は同日、声明のなかで、「林米国務長官に心からお悔やみを申し上げます」と述べた。

「安倍首相は米国の特権的パートナーだった」と彼は言った。

韓国の朴振外相は、「尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領は、安倍首相の死去について、遺族と日本の国民に心からの哀悼の意を表した。

先日、国務省の高官は前日の7日(ワシントン時間)に、「NATO首脳会合は、バイデン大統領が韓国、韓国、日本、そしてその後、[l’État Département]NATOで議論された様々な問題を追求するように指示された」と述べた。

彼はまた、北朝鮮に関連する問題を含む様々な問題が議論されるだろうと予測した。

韓国外交部はまた、7日の定例会談で、「今回の首脳会談では、三国協力の北東問題を含む三国協力の計画について話し合う予定だ。韓国は、韓国の結果に基づいて、先週、日韓首脳会談が開かれた」と語った。

特に、韓国は今回の会議での北朝鮮の第7回核実験への対応など、北朝鮮の核協力の議論に焦点を当てることを決定したことが知られている。

一方、メディアの報道によると、ブリンカーン長官は、同日開催されたG20外相会議で、ロシアがウクライナに侵攻したことを強く批判した。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、西側を非難し、途中で去ったと言われています。

ブリンカーン長官は、日米三国間外相会議とは別に、インドネシアのルトノ・マルスディ外相と会談し、9日には中国の王毅外相と会談する予定である。

トニー・ブリンカーン米国務長官(左)は、8日にバリで開催されたG20外相会議でインドネシアのレトノ・マルスディ外相と会談しました。

VOANewsのJihaHamです。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。