米国、中国、日本の後、ヨーロッパでは半導体の「銭の戦争」に対する政府の補助金


スイスとアメリカの半導体企業がフランスの7.5兆ウォンの半導体工場に資金を提供
ドイツ政府はインテルの半導体工場に18.5兆ウォンを投資している
EUは半導体とAIに197兆ウォンを投資している
米国、68兆ウォン…中国は38兆ウォンを支援する計画…日本も助成


フランスのエマニュエル・マクロン大統領(右)とフランスのブルーノ・ルメール財務大臣(右から2番目)は、パリ近郊のベルサイユ宮殿で開催される第5回「ChoiceFrance」ビジネスサミットでソブリンファンドのリーダーと会談しました。 、フランス、11日(現地時間)にマクロン大統領はサミットに180人の外国人指導者を歓迎し、フランス南西部のグルノーブル近くの新しい半導体工場に57億ユーロ(7.55兆ウォン)を投資すると発表した。 / Picture =AFP=聯合ニュース

米国と中国に続いて、フランスとドイツも半導体に多額の投資を行っています。

スイスの半導体企業STマイクロエレクトロニクスと米国の半導体企業グローバルファウンドリーズは、フランス南西部のグルノーブルに57億ユーロ(7.55兆ウォン)を共同で投資して半導体製造工場を設立する計画であると、エリゼ宮殿のフランス大統領府は5月11日(現地時間)に発表した)。 時間)言った。

STMicroelectronicsとGlobalFoundriesは、2026年に半導体製造に参入し、1,000人以上の雇用を創出する工場を共同で運営し、財政支援の主な源泉はフランス政府からの財政支援であると説明しました。StreetJournal(WSJ)。

米国ニューヨークを拠点とするGlobalFoundriesのCEOであるThomasCaulfield氏は、このプロジェクトはフランス政府の支援なしには実現できなかったと語った。 しかし、両社は投資の危機に瀕しているものを特定していませんでした。

フランス-政治-経済-サミット
フランスのエマニュエル・マクロン大統領(右から4番目)とフランスのブルーノ・ルメール財務相(5番目)は、パリ近郊のベルサイユ宮殿で開催された第5回「ChoiceFrance」ビジネスサミットでソブリンウェルスファンドのリーダーと会談しました。フランス、11日(現地時間)彼らは会合を持っています。 / Picture =AFP=聯合ニュース

両社とフランス政府は、このプロジェクトが、欧州連合(EU)が今後10年間で次世代デジタル産業に1,500億ドル(197兆ウォン)以上を費やして、米国間のギャップを埋めるのに役立つことに合意しました。半導体や人工知能(AI)などの最先端技術における州および東アジアの競争相手。WSJは、欧州連合の投資目的を支持することを強調しました。

また、欧州委員会は2月8日、半導体製造業に公的・民間資金で約43億ユーロ(5.7兆ウォン)を提供すると発表した。 このおかげで、EUは2030年までに世界の半導体市場のシェアを2倍の20%にすることを計画しています。

アメリカ-貿易/台湾
2022年2月11日、台湾の新州にある台湾半導体研究所で展示されているチップ。/写真=ロイター=聯合ニュース

ヨーロッパ最大の経済国であるドイツ政府も、半導体工場の誘致を受けて、世界最大のファウンドリ(委託半導体生産)である台湾のTSMCから投資を集めています。3月15日にマグデブルクでインテルのドライバー。

インテルはヨーロッパ全土で半導体の生産と研究に360億ドル(47.3兆ウォン)を投資し、ヨーロッパで最大の半導体工場であり、ヨーロッパで最も進んだマクデブルクプロジェクトはドイツ政府の支援に依存すると指摘した。 ドイツ政府は、半導体産業への投資を支援するために、140億ユーロ(18.53兆ウォン)を投資する予定です。

インテルはまた、オハイオ州に建設される半導体工場の規模と進歩は、米国議会が半導体などの先端技術に約520億ドル(68、33兆ウォン)の支援を提供する法案をどれだけ迅速に可決するかにかかっていると指摘した。 2025年までに。

タイSKへの訪問
SKシルトロン会長のチャン・ヨンホ(左から右)、SK E&S副会長のユ・ジョンジュン、商工エネルギー省貿易交渉本部長のヨ・ハンクー、米国通商代表のキャサリン・タイ(USTR)長3月16日(現地時間)に米国ミシガン州オーバーンのSKへ。 Siltron CSSは、炭化ケイ素(SiC、炭化ケイ素)ウェーハを観察します。 / Picture = Auburn =HaManju特派員

これまで、中国は2019年に半導体産業を活性化するために290億ドル(38.1兆ウォン)の資金を調達し、昨年3月中旬に全国人民会議(NPC)で発表された経済計画は、半導体とその他の先端技術は2025年までの5年間WSJによると、研究開発費は年々7%以上増加する予定です。

日本政府はまた、半導体産業の再建を支援する法案を作成し、日本の九州南部の熊本県に工場を建設しているTSMCへの投資の最大50%を助成することにより、国内の半導体産業の活性化に注力しています。 。 。








ⓒアジア今日、無許可の転載および再配布は禁止されています















Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。