米国、「半導体覇権」をめぐる全面戦争…米国や中国から奪った韓国製半導体をどうするか

左から萩生田経済産業大臣、林義正外務大臣、トニー・ブリンカン国務長官、ジーナ・ラモンド商務長官。 新着
米国は、半導体の覇権争いで中国との全面戦争に突入した。 米国は、中国への半導体製造装置の輸出規制を強化する一方で、自国の半導体産業に有利な法制化を推進してきました。


米国はまた、半導体開発のため日本と共同研究を行っている韓国と台湾に対し、半導体同盟であるいわゆる「CHIP 4 アライアンス」に参加するよう圧力をかけている。 米国の「血盟」と「最大の輸出国」である中国との間の韓国の闘争は深まる運命にある。

業界関係者によると、米国は2日、韓国、日本、台湾を結び「チップ4同盟」を結成する案をまとめ、3月以降、各国政府に参加を要請している。 当初は8月末が回答期限とされていたが、政府関係者はこれを否定した。 ただし、無期限に延期できるものではありません。

「Chip 4」は、グローバルなサプライチェーンが不安定になった後、同盟国と信頼できるパートナーの間にサプライチェーンを構築するための「フレンドショアリング」の一部です。 米国と各防衛条約で結ばれている東アジア3カ国は、米国と一体となって半導体のサプライチェーンを構築する計画だ。

イエレン米財務長官は先月、ソウルのマゴクにあるLGサイエンスパークで演説を行った。 新着イエレン米財務長官は先月、ソウルのマゴクにあるLGサイエンスパークで演説を行った。 新着
最近韓国を訪問したジャネット・イエレン米財務長官は、LGサイエンスパークを訪れ、「サプライチェーンをさらに強化するために、韓国を含む主要同盟国との経済協力を強化する必要がある。 阻止しなければならない」と述べた。

米国と日本は最近、外務大臣と外務大臣と貿易大臣による「2+2 経済会議」で、回路幅が 2 ナノメートル (nm、1 メートルの 10 億分の 1) の高度な半導体を共同で研究することを決定しました。 日本のマスコミは、台湾での可能性を視野に入れ、中国での統制の性格を持っていると分析した。

読売新聞は「台湾で(中国による)有事で半導体供給がストップすることに日米は大きな危機感を持っている」と報じた。

なお、日本政府は韓国と台湾を協力相手国に指定している。 萩生田経済産業相は「(研究機関は)外国の企業や研究機関に開かれている。 日米、友好国との協力をリードしていきます。

日本経済新聞は日本政府が「台湾だけでなく韓国など、価値観を共有する国や地域の企業に協力を求める」と報じた。 米国と日本が次世代半導体の開発を主導し、「半導体大国」である韓国と台湾が参加すれば、「チップ4同盟」の活動と解釈できる。

米国はまた、韓国と台湾の企業を引き付けて独自の半導体産業を発展させるための手段を強化している。 議会で1年以上保留されていた半導体サポート法は、先週上院と下院を連続して通過し、ジョー・バイデン大統領の署名のみでした。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、米国はこの法案の下で半導体に総額2800億ドル(約365兆ウォン)を投資して半導体産業を発展させ、技術的優位性を維持するという。 半導体製造施設に対する補助金と税額控除だけでも770億ドル(約100兆ウォン)に上る。

米国議会のレポートによると、韓国 (28%)、台湾 (22%)、日本 (16%)、中国 (12%) を含むアジア 4 か国が、世界のセミドライバーの 80% 近くを占めています。 特に10nm以下のハイテク半導体は、韓国のサムスン電子と台湾のTSMCの2社が独占している。

テキサス州テイラー市に半導体工場の建設を控えているサムスン電子は、今後20年間で11の半導体生産工場を建設する中長期計画を打ち出した。 サムスン電子提供テキサス州テイラー市に半導体工場の建設を控えているサムスン電子は、今後20年間で11の半導体生産工場を建設する中長期計画を打ち出した。 サムスン電子提供
これらの企業は、米国の半導体支援法をきっかけに、米国で大規模な投資計画を相次いで発表しています。 サムスン電子は、今後20年間で最大2000億ドル(約261兆ウォン)を投資して11の半導体生産工場を建設する中長期計画を立てており、TSMCも対米投資を増やす見通しだ。 .

このように、米国は日本、韓国、台湾との半導体協力を強化しつつ、中国の「半導体ブーム」を阻止しようとしている。 ブルームバーグ ニュースによると、米国商務省は、米国メーカーの半導体装置の輸出に対する規制を 10 ナノメートルから 14 ナノメートルに強化しました。

14 nm は、高度な半導体プロセスへのゲートウェイと見なされています。 米国は、中国最大の半導体企業である SMIC が最近、7 ナノ半導体の大量生産に成功したと発表したように、既存の輸出制限が効果的ではないと考えて、輸出管理を強化しました。

問題は、中国に進出した韓国の半導体企業が被害を受けるのは避けられないということだ。 中国の無錫に DRAM 工場を持つ SK hynix は、極薄プロセスに不可欠な極紫外線 (EUV) 露光装置の設置にすでにブレーキをかけています。

SK ハイニックスの無錫 DRAM 工場のファイル写真。  SKハイニックス提供SK ハイニックスの無錫 DRAM 工場のファイル写真。 SKハイニックス提供


さらに、SK hynix は重慶で後処理工場を運営しており、Intel が買収した大連で NAND 工場を運営しています。 Samsung Electronics は、中国の西安と蘇州でそれぞれ NAND フラッシュ メモリの生産施設と半導体のバックエンド プロセス (パッケージング) 施設を運営しています。

中国は韓国最大の半導体輸出国でもある。 昨年の半導体輸出額 1,280 億ドルのうち、中国への輸出額は 502 億ドル、つまり 39% に達しました。 香港を含めると60%。 三星電子とSKハイニックスは、それぞれ中国の売上高が全体の30%以上を占めている。

半導体の生産技術を米国に依存し、需要を中国に依存している韓国は、半導体の覇権をめぐる米国と中国の競争と世界の半導体再編の動きの中で、厳しい選択を迫られている。サプライチェーン。 .

韓国産業経済貿易研究院のキム・ヤンペン研究員は、最近の報告書で、「今後、あいまいな中立性を維持することは困難になるだろう。 「同盟に参加しなければ、最悪の場合、半導体生産は不可能だ」と彼は言った。

戦略国際​​問題研究所(CSIS)のシニアバイスプレジデント兼戦略的技術研究ディレクターであるジェームズ・ルイス氏は、「中国はまだ半導体を大量生産する立場にないため、購入をやめるとは言っていない」と述べた。韓国の半導体。 半導体を作りました。 反撃するためにそれを使用してください」と彼はアドバイスしました。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。