福島の汚染水がついに排出される…日本の規制委員会が承認

◀ アンカー ▶

福島原発の汚染水を海に投棄する東京電力の計画が承認された。

規制機関である日本原子力委員会は、安全上の懸念はないと判断した。

地元の漁民など市民団体が抗議しているが、来年4月の放流に向けた動きは勢いを増している。

東京の特派員ヒョンジュン・ヒョンです。

◀ レポート ▶

東京電力が福島原発の放射能で汚染された水を海に投棄する計画が承認された。

[마쓰노 히로카즈 관방장관]
「原子力規制委員会または国際原子力機関が安全性を確認し、漁業者、消費者、近隣諸国に分かりやすく繰り返し伝える」

東京電力は放射能汚染水を多核廃棄施設(核物質浄化装置)に通して、セシウムやプルトニウムなど62種類の核物質をろ過し、トリチウムと残りのトリチウムを海水に混ぜて投棄する計画だ。太平洋。 .

日本の原子力委員会は、過去 5 か月間に浄化器でろ過できないトリチウムの濃度と、環境と人々への放射線被ばく量を調査し、東京電力の計画を問題なく承認しました。安全性。

原子力規制委員会は、世論調査プロセスを経た後、間もなく施設の建設を正式に承認する予定です。

しかし、福島周辺の漁業者をはじめとする全国の漁業団体が強く反対し、自治体である福島県から建設許可を得るなど、複雑な手続きが残っています。

しかし、日本政府と東京電力は、先月から海底トンネルの基礎工事が始まっており、来年4月までに埋立を準備することを急いでいます。

東京からMBCニュースのヨン・ジュン・ヒョンに会いましょう。

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。