福島からの汚染された水が太平洋に突入します…私たちのテーブルも放射性の脅威です

国立海洋大気研究所提供日本はついに、福島原子力発電所からの放射性崩壊水を海に投棄することを決定しました。 太平洋を越えて海に到達する放射性物質は、必然的に人々の健康に悪影響を及ぼします。


22日、日本が1 kmの水底トンネルから排出された汚染水を処分する意向を確認したとき、環境団体グリーンピースはそれを国際海事法違反として批判しただけでなく、韓国の漁業。

現在でも福島沖で漁獲された魚からはセシウム放射性物質が大量に検出されており、汚染された水が深刻に海に流出すると、海流によって自然に人体に移動するためと説明されています。 と食物連鎖。

実際、福島沖の海からの海水が数百日以内に済州島に到達したことが研究されています。 昨年末に中国の清華大学の研究チームが報告したところによると、福島から排出された汚染水は280日で南海岸に到達します。 それは320日後に東海に広がり、1年後に西海に広がります。

さらに、2012年にドイツのキール大学ヘルムホルフ海洋研究所が発表したシミュレーションによると、福島原発事故の1年後、福島からの汚染水が200日後に済州の海岸に流出した。彼の拒絶。

これは、私たちの海が太平洋を一周して韓国に戻る4〜5年の大きな海流ではなく、短時間で沿岸海流の影響を受ける可能性があることを意味します。

福島第一原子力発電所の様子。 新着福島第一原子力発電所の様子。 新着
日本は、放射性物質はALPS基準よりも低濃度で処理されているため、汚染された水は安全であると述べています。 ただし、主要な放射性物質であるトリチウム(トリチウム)はALPSでろ過されていないため、大量の海水で希釈し、基準基準の1/40未満の濃度で排出する予定です。

他の放射性物質も標準以下の低濃度で放出されますが、最終的にはどの物質でも時差は1つだけであり、処分される総量は同じままです。 また、基本的に希釈による排出は「完全な排除」にはなり得ないことも指摘されています。 半減期は1570万年で、ヨウ素129は少量でも、1億年以上太平洋を歩き回っています。

日本が海に放出する放射性物質は食物連鎖に集中し、世界最大の水産物消費者である漁師の製品や人々の食卓を脅かしています。 昨年、欧州委員会の合同調査センターが実施した調査では、韓国は世界で1位にランクされ、1人あたりの年間消費量は58.4kgのシーフードでした。


魚などの海洋生物は、さまざまな放射性物質を消化して体内に蓄積することはできません。 生物濃縮は、プランクトンを食べた小魚の体内のプランクトンの放射性物質から、次に魚を再び食べた大魚の体内で進行します。

2003年、ノルウェー海洋研究所は、プランクトン中のセシウム137の濃度が、各動物種1 kgあたり0.06ベクレル、中間捕食者であるサバの0.24ベクレル、および最高捕食者であるイルカの0.68ベクレルであることを確認しました。 これは、食物連鎖プロセスにおける10倍の濃縮です。

生物濃縮は、主な捕食者である人間にとっても自然なことです。 人体に吸収されるこの放射性物質は、内部被ばくを引き起こし、さまざまな癌やその他の病気を引き起こします。 通常、ヨウ素129は甲状腺に沈着し、感傷性腺癌腺癌は日本の福島の小学生の間で一般的に発生しています。

政府は、食卓での安全を確保するために、沿岸海域での放射線モニタリングの拡大、魚介類の流通履歴と原産地表示の強化、安全審査のための情報の提供を要請しています。 実際、根本的な解決策としては、受動的な対策だけでは不十分であることが指摘されています。

グリーンピースは政府に対し、暫定措置を模索し、国際海洋法裁判所に正式に苦情を申し立てるよう求め、「福島の水の汚染を阻止するためには、国連海洋法条約を使用しなければならない。海は日本政府に圧力をかけるために168カ国によって批判された。」グリーンピースの礼儀グリーンピースの礼儀

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。