祖国、日本を転覆させたイ・ジュンファン柔道が今始まる

東京オリンピックの金メダリストと銅メダリストがグランドスラムで優勝
家族全員が私の息子のために引っ越しました…「犠牲を通して成長する」

6月25日、韓国柔道界に意外なニュースが届きました。

2002年生まれの「ワールドカップオタク」イ・ジュンファン(20歳、龍仁大学)は、国際柔道連盟(IJF)ウランバータールの81カテゴリーkgの男性で、東京2020オリンピックで金メダリストの永瀬貴規(29歳)を獲得した。グランドスラム2022、そして銅メダリストのシャミル・ボルハシュビリ(27、オーストリア)は、チャンピオンシップを勝ち取るために騒ぎを引き起こしました。

全国柔道界だけでなく、世界柔道界も、契約当時のファンにはまだ名前がわからない新人の勝利に驚いた。

IJFはウェブサイトで「李ジュンファンは、プレゼンテーションが終わる前にすぐに試合に勝つことができる選手だ」と語った。

日本のスポーツホーチもイ・ジュンファンを強調し、「長瀬オリンピック王子が11ヶ月間参加した国際大会に大いに活気づけられた」と語った。

柔道界を驚かせて帰国した李ジュンファンは、先月30日、京畿道安山(アンサン)のカフェに明るい表情で現れた。

彼は「私はまだ唖然としている」と言った。

今から柔道が始まります。」

イ・ジュンファンがノックダウン

◇お米の袋から始めた柔道…家族の献身のおかげで持ちこたえた柔道の天才
李純文は小学校3年生の時に柔道を始めました。

スポーツが大好きだった父親のおかげで、水泳、テコンドー、ボクシングなど、さまざまなスポーツを学びました。

並外れた運動能力を持ったイ・ジュンファンは、柔道を学んだ3ヶ月後に地元の青年柔道大会で優勝した。

黄色い帯を身に着けたイ・ジュンファンは、「黒帯」の兄弟を簡単に倒した。

イ・ジュンファン氏は「当時、優勝したのは米袋だった」と説明した。

小学校から卓越した技能を発揮してきた李淳煥(イ・ジュンファン)が安山の光山中学校柔道部にスカウトされた。

京畿道水原に住んでいた李淳煥の家族が安山に引っ越した。

イ・ジュンファンは、「家族全員が柔道をきちんと教えるために動いた。

光山中学校を通過した後、議政府の慶民高校に通った李淳煥は、強いライバルと出会い、急速に成長した。

「高校では、現在73kgの男子代表である李ウンギョル(龍仁大学21)と同じ体重別階級に出場した。

イ・ジュンファンは「どんなテクニックや戦略を使っても勝てなかった」と語った。 「まるで大きな壁にぶつかったようで、もう成長できないと思っていた時期でした。」

イ・ウンギョルを倒そうとする過程で、イ・ジュンファンは大きく改善した。

当時、彼は主な専門である袖をまくり上げる技術を完成させました。

イ・ジュンファンは「高校を卒業する直前、イ・ウンギョルと6試合目に勝った。柔道生活で一番幸せな時期だった」と語った。

イ・ジュンファンがノックダウン

◇「今、みんなチェック…柔道が始まります」
昨年12月にレバノンのベイルートで開催された2021年のオセアニアアジアユース選手権で、浮き沈みがあまりなく成長していた李ジュンファンが左膝を負傷した。

彼は次のように述べています。「帰国後、詳細な検査で靭帯断裂の70%と診断されました。

体を傷つけても太極ブランドを着てシニアデビュー。

ひざが不快なイ・ジュンファンは、初の国際大会で金メダルを獲得した。

先月の5日、彼はジョージア州トビリシでIJFグランドスラムを獲得し、彼の名前を印刷しました。

そして、20日間に参加した国際大会では、オリンピックのメダリストを次々と追い抜いた。

ハイライトは、東京オリンピック優勝者の長瀬との第3ラウンドの試合でした。

ジュンファン・リーはカードの端に立ち、2枚のカード(ファウル)でオーバーランした。

カードをもう1枚手に入れると、負けます。

残り45秒で、李ジュンファンは左肩で長瀬を素早く倒し、試合の半分を勝ち取った。

彼は謙虚でした。

「最初は右肩で投げるつもりだったが、相手を追い抜くことができた」と彼は語った。

今後、長瀬は左手を上げる準備を慎重に行う。

イ・ジュンファンは「この勝利は、対戦相手が私の特徴をよく知らなかった結果だ」と語った。

運ではなく、スキルで戦わなければならない」と彼は付け加えた。

グランドスラムの全賞金5000ドル(約645万ウォン)を両親に贈った李ジュンファンは、今、次の目標に向かって走っている。

李ジュンファンは「2012年のロンドン五輪以来、韓国柔道はオリンピックの金メダルを獲得していない」と語った。 「究極の目標はオリンピックメダルですが、今は一瞬一瞬に全力を尽くしたい」と強調した。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です