確認された症例の割合は台湾の199倍、日本の4倍です…ニュースルームは政治検疫の言葉を考慮しました

写真=聯合ニュース

政府が誇りに思っている検疫Kの歌詞はすごい。 韓国は、人口に対するコロナウイルスの症例の比率でアジアの主要国の中で第1位にランクされていることの恥を記録しています。 韓国の100万人当たりの確定症例数は182,563人(20日午前00:00時)。 これは、日本(48,182人)の4倍、アジアの未開発検疫国とされて​​いるインド(36,650人)の6倍です。 台湾(917人)と中国(90人)と比較すると、それぞれ199倍と2028倍です。 それはあなたを不思議に思わせるひどい記録です、’これは本当の話ですか?

毎日確認される症例数で世界一にランクされているため、指数の低下は加速すると予想されます。 20日には、333,708件の新規確認症例があり、アジアの確認症例総数(411,745件)の80.2%を一掃しました。 これは簡単に打ち負かすのが難しい記録です。 19日と18日、韓国のアジア人患者の割合はそれぞれ54.0%と53.1%に達した。

政府は「低死亡率」を提供し、依然として「適切に管理」されていますが、これは欺瞞的な現実にすぎません。 確認された症例数が非常に多いため、20日だけで1日あたりの死亡者数は327人に達し、アジアの総死亡者数の46.0%を占めています(711)。 韓国の死者数は、中国、インド、日本などの人口の多い国に比べて非常に高いです。 人口100万人あたりの累積死亡者数は242人で、日本(215人)、台湾(36人)、中国(3人)を含むアジアの主要国の中で最も多い。

それは、「科学的検疫」を放棄して「政治的検疫」に移行した人々の自給自足です。 確認件数の急増に直面した検疫緩和の加速に対する政府の対応は、検疫放棄の宣言と見られている。 トレンドのピークが確認された後に判断するのは常識ですが、なぜそんなに急いでいるのか理解するのは難しいです。 政府は、病気の重症度と死亡率が低いため、毎日の回復策が可能であると説明しました。 しかし、毎日200人から400人が亡くなっていることを考えると、無責任の批判は避けられません。 入院と死亡率をほぼ89%削減するPasrovideと呼ばれる治療法を見つけるのは難しいです。

10本の指で検疫当局のすべてのぐらつきを数えるのは難しい。 ある時点で、ワクチン接種を受けておらず、違憲で超強力な検疫パスを導入した人々の「コロナワクチンの失敗」を非難したいと思いました。 その後、わずか2か月で、検疫パスやその他の制限が解除されました。 彼は、「集団免疫が唯一の解決策である」と述べ、主要国の中で最も高い二次および三次ワクチン接種率を生み出し、現在、dクラスター感染による集団免疫への方向転換に賭けているようです。 しかし、何をすべきかについての政府のメッセージは混乱を招きます。 検疫当局に通知する官僚の心を読む「興味深い方法」でさえ、調査する必要があります。

そんな中、検疫を担当する金富謙首相は17日、トルコとカタールを視察し、本日韓国に帰国した(21)。 今年初めの記者会見でも「コロナウイルス対応が急務だ」と大統領がキャンセルした当時、パンデミックの真っ只中に検疫司令官が欠席したことは理解しがたい。

青瓦台は昨日、文在寅政権の5年間の結果をまとめた白書「文在寅政権人民報告書」を公開し、ウェブサイトに掲載した。 コロナの反応については、「世界が賞賛する検疫K」というサブタイトルが追加されました。 自己おめでとうも適度なはずです。 New York Times(NYT)は、「最も厳しい検疫政策を実施してきた韓国は、現在、確認された症例の増加とともに集団的な無関心で対応している」と報告した。

国民は混沌とした政策に対して恐怖と苦痛に陥っていますが、公務員が彼らの過ちを振り返って見直すことはありません。 正式な謝罪やわずかな責任感さえも欠けています。 彼らは「世界は検疫Kに注意」の魔法を覚えているだけです。 人々の命が脅かされている時でさえ、あなたはそれをレトリックと忍耐で包み、そしてあなたの任期の終わりで「厄介」になりますか?

ペク・グァンユプ編集委員

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。