知的財産訴訟の費用と時間の負担…中国の10件中9件が「訴訟を取り下げる」 [특허 공동 소송대리 길 열리나]











(1)テクノロジー企業向けのIP保護システムの必要性
知的財産紛争の実際の訴訟率は20%未満
症例の78%は最初に弁理士を求めています
国内線の弁理士の共同代表は許可されていません

知的財産訴訟の費用と時間の負担…中国の10件中9件が「訴訟を取り下げる」 [특허 공동 소송대리 길 열리나]

大規模な国家企業や学術研究機関などの知的財産(IP)関連分野では、IP訴訟の経験がある10人中9人が訴訟の脱落を経験しています。 国の知的財産の発展には、費用や遅延により弁理士の権利を適切に行使することができないため、弁理士の共同代表などの制度的改善が急務であることが指摘されている。

費用と時間の請求による紛争の放棄

金融ニュースによる国営企業や政府資金による研究機関の知的財産関連者964人中17人の調査によると、知的財産を経験した607人の83.3%が訴訟を取り下げた。 中小企業(SME)の場合、全体の87.8%、つまりほぼ90%が訴訟を放棄した経験があります。

具体的には、回答者の44.9%が、IP紛争は20%以内で訴訟につながると回答しました。 32.8%が20〜40%だと答えました。 訴訟を取り下げる最も一般的な理由は、訴訟費用の負担(68.6%)でした。 その後、長期間の訴訟(48%)と代表者の選任の難しさ(38.2%)が続きました。

知的財産業界の関係者は、次のように述べています。「知的財産訴訟の取り下げは、特許などの知的財産権が適切に保護されていないことを意味します。 「制度的な枠組みが整っているに違いない」と彼は言った。

実際、知的財産訴訟の経験を持つ回答者の76.8%は、紛争が発生したときに弁護士の前で弁理士に行きました(22.4%)。 確かに、彼らは特許などの知的財産紛争における最も重要な専門知識をよく理解することができます。

弁理士の共同代表として知的財産権を確保する必要があります。

問題は、現行法では、弁理士が代理人として特許侵害訴訟に参加することは不可能であるということです。 現在、弁理士は、特許裁判所での第一審判決の取消訴訟を代表していますが、実際に同じ問題を抱えている特許侵害訴訟では、代表権は認められていません。 その結果、科学技術界や産業界では、特許侵害訴訟における弁護士の専門知識を期待することは難しいという苦情が寄せられています。

現在、弁理士による特許侵害訴訟の共同代表を認める弁理士法改正案は、国会常任委員会で13年ぶりに可決され、立法・司法委員会で審議中です。 この法案は、訴訟の実務に関する訓練を受けた弁理士が、特許侵害に関連する民事紛争において弁護士および共同訴訟代理人となり、弁護士と共同で法廷に出廷できるようにすることを目的としています。

科学技術コミュニティ、特許侵害訴訟の主要なプレーヤー、そして業界全体は、関連する法律の採用をこれまで以上に求めています。 特に、欧州、中国、日本のような大国では、韓国だけが共同代表を認めていないため、法案の可決が急務であることが強調されている。

韓国科学技術協会は、弁理士法改正の迅速な実施を求めています。 「科学者や技術者にとって困難で、血まみれで、汗をかいた貴重な工業所有権を保護するための専門の弁理士の支援が非常に必要である」とグワチョン氏は述べた。 私は何度も何度も与えるように頼みます」と彼は言いました。

ベンチャービジネス協会はまた、「技術的覇権の時代に、革新的でリスクの高い企業が利用できる唯一の武器である特許を保護するために、専門の弁理士の助けが必要です。特許などの産業財産権。 コラボレーションは必須であり、オプションではありません。」

kim091@fnnews.comレポーターキム・ヨンクォン









Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。